【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

結婚式に招待されてから不安になるのが「何を着ていけばいいの?」という服装の問題。フォーマルシーンの服装マナーがわからなくてコーディネートに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は女性ゲストの結婚式服装マナーについて解説!服装から髪型、靴、バッグなど、細かいマナーまでご紹介します。

2018.06.28 更新

結婚式のときの靴は、“露出の少ないパンプス”が基本。フラットシューズはカジュアルになってしまうので、3センチ以上のヒールがある靴が望ましいです。つま先が出るオープントゥやサンダル、ミュール、ブーツなども避けたほうが無難。しかし、最近は結婚式のスタイルも多様化してきているので、新郎新婦の意向や結婚式の雰囲気に合っていて清潔感のあるものなら問題ありません。

ただし、素足はマナー違反となるため、ストッキングは必ず着用しましょう。黒のストッキングは、葬儀のときに着用するイメージが強いのでNG。また、伝線したときのために、予備のストッキングをもっていくのが安心です。

8.バッグのマナーと持ち物リスト

NGのバッグ
・サイズが大きすぎるバッグ
・ファー素材や動物の革素材のバッグ
・キャラクターやドクロがプリントされたバッグ
・紙袋やビニール袋、ブランド名が入ったショッピング袋など

服装同様、ファー素材や動物の革をつかったバッグは、殺生をイメージさせるので避けましょう。また、トートバックやボストンバックなど、大きいサイズのバッグはクロークに預けるのがマナー。防寒着や靴の替えなどを入れるサブバックも同様です。

おすすめのバッグ
・クラッチバッグ
・ショルダーバッグ
・高級感のあるデザインのバッグ
・ラメやスパンコールなど華やかなデザインのバッグ

結婚式のバッグは、基本的に小さいサイズのパーティー用のバッグであれば問題ありません。面積の小さいバッグは差し色として活用できるので、明るい色を持つのもおすすめです。

当日の持ち物リスト
・ご祝儀
・ふくさ
・スマートフォン
・お財布
・化粧品
・ハンカチ
・ティッシュ
・予備のストッキング
・デジタルカメラ など

結婚式の持ち物は、とにかく最小限にすること。クロークの有無を事前に確認して、預けるためのバッグも用意しておくといいでしょう。お財布はミニ財布に入れ替え、化粧品は化粧直し用のコスメのみに厳選するなど、できるだけかさばらないようにしましょう。感動して泣いてしまう可能性もあるので、ハンカチとティッシュもお忘れなく。

9.関係別で気をつけたい!結婚式服装のポイント

上司

新郎新婦の「上司」として参列する際は、肌の露出の少ない、落ち着いたコーディネートを心がけましょう。スーツはマナー違反ではありませんが、なるべく避けること。やむをえずスーツを着用する場合は、小物やパステルカラーのブラウスなどで華やかにすると○。

友人代表(スピーチ)

新郎新婦の「友人代表」として、ゲストの前にでることがある場合は、友人代表として恥ずかしくないコーティネートをするのがポイント。式の時間や格式にあう、白以外の膝丈ドレスがおすすめです。

家族ぐるみの付き合い(夫婦で出席)

夫婦で結婚式に出席する場合は、服装の格をそろえること。たとえば、夫がタキシードを着る場合は、妻はイブニングドレスを着用します。また、服や小物の色をお揃いにするのもおすすめ。

親族

「親族」として式に参列する場合は、「ゲストをお迎えする主催者側」であることを意識したうえで、新郎新婦との間柄に応じたコーディネートを心がけましょう。たとえば、新郎新婦の叔母として出席する場合は、ご両親よりも目立たない上品な服装をチョイスして。新郎新婦の姉妹として出席する場合は、既婚ならアフタヌーンドレスや黒留袖、未婚なら振袖やフォーマルなワンピースが一般的です。

10.マタニティの場合の服装と子連れの場合のマナー

マタニティの場合や子供を連れて参列する場合のマナーや注意事項について解説します。

マタニティ

参列決定前に確認したいポイント
・かかりつけの病院が遠くないか
・臨月間近でないか
・妊娠の経過が順調か

結婚式服装と持ち物で気をつけるポイント
・裾の広がったドレスを選ぶ
・お腹やバストを締め付けないデザインを選ぶ
・ローヒールの靴を選ぶ
・ひざ掛けやショールなど、冷え対策をする
・母子手帳と健康保険証を持って行く

マタニティの場合は、結婚式当日になにかあっても対応できるように、事前の準備が大切です。新郎新婦に迷惑をかけないように、安定期に入る前や臨月の場合には担当医にも確認してから参加表明をしましょう。

子連れ

参列決定前に確認したいポイント
・食事の有無についての連絡をする(乳児の場合は席のみを準備してもらう)
・子供用の椅子の準備、出入り口に近い席にしてもらう
・会場に授乳室やオムツの交換台があるかを事前に確認する

結婚式服装と持ち物で気をつけるポイント
・カジュアルすぎないおでかけ用の洋服を着させる
・フラワーガールやリングボーイを頼まれた場合は、子供用のドレスやスーツ(襟付きシャツやポロシャツ)などドレスアップさせる
・子供の分もご祝儀を用意する・音のしないおもちゃを持参する

子供の服装については細かいマナーはないので、おでかけ用の洋服でおしゃれをしていればOK!また、子供用の座席と食事が用意されている場合は、子供の分のご祝儀も忘れずに包みましょう。通常のご祝儀に、5,000~10,000円の上乗せもしくは、プレゼントを別途用意するのがおすすめです。

11.ブライズメイド・天姫について

ブライズメイドとは

ブライズメイドとは、欧米の文化で、花嫁の付添人・立会人として花嫁のサポートする女性達のこと。日本の結婚式では、花嫁と友人ゲストがお揃いのコーディネートをすることとして定着していますが、本来のブライズメイドは、結婚式場探しから当日の進行、裾直しやブーケを預かる役など、花嫁の付き人の役割をこなします。
また、ブライズメイドの男性版にあたるものとして、「アッシャー(グルームズマン)」と呼ばれる文化もあります。

ブライズメイドの服装

ブライズメイドの衣装は、新郎新婦が負担するのが一般的ですが、ゲストが一部費用を負担するケースもあります。ブライズメイドの依頼は、新郎新婦が招待状を送る前に確認するため、衣装探しも結婚式の3、4ヶ月前から行うことが可能。
ブライズメイドの衣装は、新郎新婦の意向と結婚式のテーマ、挙式スタイルを考慮したコーディネートにしましょう。ドレスをお揃いにして、ヘアアクセサリーやリストレットなど小物に差をつけて、個性を出すのもおすすめです。

天姫(あまひめ)とは

ブライズメイドの和装版といえるのが「天姫(あまひめ)」です。「天姫」の役割も、ブライズメイド同様、花嫁のサポートがメインですが、もともと日本にも花嫁に近しい女性が介添えをするという風習があり、それを現代版にアレンジしたものになっています。

天姫の服装

和装の花嫁にあわせて、お揃いの着物や留袖を着ることが一般的。花嫁がまとう“うちかけ”の長い袖には、“福寿”が宿ると言われており、参列した人々に幸せを振る舞う衣装でもあります。天姫はこの“福寿”を花束にして、各卓へお裾分けする役割も担っています。

関連記事
ブライズメイド完全HOW TO【現役プランナー監修】役割やドレス選び、ギフトまで解説します
【男版ブライズメイド】オレたちお揃い“アッシャー”やりました!

12.年代・シチュエーション別、女性ゲストのコーディネート例

20代女性の結婚式お呼ばれスタイル

出典:編集部

20代女性のお呼ばれコーディネートは、会場に華をそえることができ、かつ花嫁より目立たない服装であることが基本。服装に迷ったら、優しい色合いのワンピースやパーティードレスを選べば問題ありません。淡いピンクや黄色など、暖色系のパステルカラーは、顔映りも明るくなるのでおすすめです。
また、ネイビーやシルバーグレーのワンピースは、よりかしこまった雰囲気になります。アクセサリーは、パールのネックレスやイヤリングがおすすめ。ビジューのアクセサリーはカジュアルな印象になるので避けたほうが無難です。

30代女性の結婚式お呼ばれスタイル

出典:編集部

30代女性は、大人の女性らしい華やかさと品格が求められやすい年齢です。お呼ばれスタイルにおいても、結婚式の服装のマナーをおさえた装いを心がけましょう。たとえば、ピンク系のAラインドレスにダークカラーのボレロをあわせると、上品な印象に。スカート丈は膝丈のものを選びましょう。

40代女性の結婚式お呼ばれスタイル

出典:編集部

40代女性は、新郎新婦との関係性や式の格式を考慮したコーディネートをすることがポイントです。たとえば、親戚の結婚式なら留袖や上品なアフタヌーンドレスを、友人のナイトウエディングなら、ネイビー~ブラック系のシックなドレスなどがベター。スカートのデザインがアシンメトリーになったワンピースは、華やかさはもちろん、足元を美しく見せてくれるので、大人の女性におすすめです。

本記事は、2018年06月28日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

ウエディングパーク編集部
ウエディングパーク編集部

カップルで過ごす時間をより楽しくするための情報をいち早くお伝えしていきます♪

Webサイト・SNS
【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!

PICK UP編集部おすすめ記事

RANKING注目記事

  1. 【みんなはどうした?】両家顔合わせ食事会のリアルを知る*完全準備ガイド

    【みんなはどうした?】両家顔合わせ食事会のリアルを知る*完全準備ガイド

  2. 【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

    【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

  3. 【親への結婚挨拶、どう進める?】服装や当日の流れなど、確認しておきたい結婚挨拶のマナー

    【親への結婚挨拶、どう進める?】服装や当日の流れなど、確認しておきたい結婚挨拶のマナー

  4. 失敗しない!上手な香水の付け方をマスターしよう♡

    失敗しない!上手な香水の付け方をマスターしよう♡

  5. ”吊り橋効果”のウソ・ホント!実はこんなところ恋愛テクニックが!?

    ”吊り橋効果”のウソ・ホント!実はこんなところ恋愛テクニックが!?

FOLLOW US公式SNS