【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

結婚式に招待されてから不安になるのが「何を着ていけばいいの?」という服装の問題。フォーマルシーンの服装マナーがわからなくてコーディネートに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は女性ゲストの結婚式服装マナーについて解説!服装から髪型、靴、バッグなど、細かいマナーまでご紹介します。

2018.06.28 更新

Contents

1.コレだけは避けるべし!女性ゲストの結婚式服装マナー

白コーデイネート

結婚式において、白は花嫁だけの神聖な色。主役である花嫁をじゃまする印象になってしまうので、全身を「白」でコーディネートするのは厳禁です。

結婚式において、白は花嫁だけの神聖な色。主役である花嫁をじゃまする印象になってしまうので、全身を「白」でコーディネートするのは厳禁です。

ファー素材や革素材

ファー素材や動物の革製品は、“殺生”をイメージさせるため、避けたほうが無難。

ファー素材や動物の革製品は、“殺生”をイメージさせるため、避けたほうが無難。

チャイナドレス

民族衣装は正装にあたりますが、意味なくコスチュームとして選ぶのは控えましょう。

民族衣装は正装にあたりますが、意味なくコスチュームとして選ぶのは控えましょう。

短すぎるスカート丈

結婚式のスタイルにもよりますが、スカートの丈が短すぎるものや露出が激しい服装は、控えましょう。

結婚式のスタイルにもよりますが、スカートの丈が短すぎるものや露出が激しい服装は、控えましょう。

上記以外にも、女性の場合は、 全身黒っぽい服装やリクルートスーツなどもNG。結婚式はあくまでお祝いの席なので、華やかな服装で祝福の気持ちを表現しましょう。
おしゃれを貫くよりも、新郎新婦とその家族、ほかのゲストが見て不快にならないコーディネートを心がけること。

2.フォーマルドレスの種類とマナー

フォーマルドレスの種類

結婚式の服装は、フォーマルウェアで参加するのがマナー。正礼装・準礼装・略礼装などの格式に分けられ、式場のタイプや挙式の時間帯によって、着用すべきドレスの種類が異なります。

正礼装

  • 【アフタヌーンドレス】
    昼の結婚式の正礼装。光沢のないシンプルで上品なデザインが特徴です。

  • 【イブニングドレス】
    夜の結婚式の正礼装。ラメやサテン素材が使われることが多く、胸元や背中が大きく開いたデザインのものもあります。

準礼装

  • 【セミアフタヌーンドレス】
    昼の結婚式の準礼装で、アフタヌーンドレス同様、光沢のない素材が基本。ひざ下丈のワンピースやセットアップなど着やすいものが多いと思います。

  • 【カクテルドレス】
    夜の結婚式の準礼装で、イブニングドレスよりややカジュアルで、袖のないワンピースや光沢のある華やかなデザインが特徴です。

略礼装

  • 【インフォーマルウェア】
    フォーマルウェアのなかで、もっともカジュアルな略礼装のこと。きれいめのワンピースやセットアップなどを指し、いわゆる“平服”にあたります。

和装

  • 【振袖】
    日本の伝統衣装である和装も、結婚式に適したフォーマルスタイルのひとつ。未婚なら振袖、既婚なら留袖が女性の第一礼装です。

女性の礼服マナー

以下の図は、フォーマルドレスの種類を格式や式場タイプ別に分類したものです。

出典:編集部

もっとも格式の高い装いとされる正礼装は、女性の場合、“アフタヌーンドレス”や“イブニングドレス”となります。結婚式の時間帯によって適切なドレスの種類が異なり、午前中〜お昼の挙式の場合は“アフタヌーンドレス”、夕方〜夜以降の式の場合は“イブニングドレス”を着用するのが正式なマナーです。
正礼装に次ぐ準礼装は、“セミアフタヌーンドレス”や“カクテルドレス”などにあたります。最後に、もっともカジュアルな印象となる略礼装は、“インフォーマルウェア”にあたり、“平服”と同じ意味です。

3.髪型のマナー

結婚式の服装にあわせる髪型も、祝福の場にふさわしい華やかなアレンジにしたいもの。
フォーマルなスタイルの結婚式であれば、髪が肩につかない「アップスタイル」のアレンジがおすすめです。「ハーフアップ」や「ダウンスタイル」はカジュアルに見える場合があるので、格式高い結婚式には避けたほうが無難。
また、ドレスアップすること自体がお祝いの気持ちの表現と受け取られるので、何もしないのはNG。清潔感のあるヘアスタイルで参列するようにしましょう。

4.アクセサリーのマナー

女性の結婚式服装マナーのなかでも、迷いがちなのが小物やアクセサリー類。結婚式のスタイルや時間帯によって、マナー違反となるアイテムもあるのでしっかり確認しましょう。

NGアクセサリー
・ティアラ
・腕時計
・季節外れのもの
・デザインがカジュアルなもの

ティアラや花冠などの生花は、花嫁とカブる可能性があるため避けましょう。腕時計は、時間を気にすることがよくないとされているため、正式にはNG。その他、季節外れのアイテムや普段使い用のカジュアルすぎるデザインのアクセサリーも、フォーマルの場には不向きです。

おすすめアクセサリー
・パール(昼)
・ダイヤ
・スワロフスキー(夜)

アクセサリーにも適した時間帯があり、パールは、昼のフォーマルウェア、夜はダイヤやスワロフスキーなどキラキラするものをと決まっています。略礼装で、デザインのあるアクセサリーであれば時間帯を気にせず身につけてもいいと思います。

シルバーやゴールドのアクセサリーはカジュアルなイメージが強いので、華奢なものやデザインが服装に合っているか慎重に選びましょう。アクセサリーや小物は、”派手すぎないこと”、”会場の雰囲気や周りのゲストとあわせること“が大切です。

5.ネイルのマナー

女性は指先もおしゃれができるので、余裕があればネイルまで準備できると○。服装やヘアスタイルにあわせたネイルであれば問題ありませんが、避けるべきポイントもあるので下記のリストを確認しましょう。

NGネイル
・派手すぎるネイル(濃いカラーやネイルパーツの盛りすぎなど)
・暗色一色のネイル(黒やネイビーなど)
・長すぎるネイル
・花嫁向けのデザインネイル(白地に花やリボン、ラインストーンなど)

おすすめネイル
・シンプルなワンカラーネイル
・控えめなラメやパールを取り入れたネイル
・清潔感のあるネイル(淡いオレンジやピンク、ベージュなど)

関連記事
ドレスとの組み合わせからみる!ウエディングネイル35選【2017-18秋冬】

6.メイクのマナー

結婚式のメイクは、上品で清潔感があれば問題ありません。ただし、成人女性ならすっぴんはNG。フォーマルな席にノーメイクで参加するのはマナー違反となります。普段は化粧をしない方でも、結婚式当日はかならずメイクアップしましょう。
アイメイクは、明るく華やかに仕上げると○。挙式や披露宴中、感動して泣いてしまう可能性があるので、涙で化粧が崩れないようにウォータープループのアイテムを活用するのがおすすめです。

7.靴・ストッキングのマナー

本記事は、2018年06月28日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

ウエディングパーク編集部
ウエディングパーク編集部

カップルで過ごす時間をより楽しくするための情報をいち早くお伝えしていきます♪

Webサイト・SNS
【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!