倦怠期が来る時期とは?カップルで乗り越えるための方法

付き合いたての頃は毎日ドキドキして楽しかったのに…いつの間にか倦怠期。カップルなら誰しも経験したことがあるのでは?
倦怠期ってどういうこと?いつ頃なるの?必ずやって来るの?など、不安になっている人のために、事前に知っておきたい倦怠期のあれこれについて、ここで説明します。

2016.11.29 更新

Contents

倦怠期とは?

パートナーに対しての「飽き」や「慣れ」から、嫌に感じてしまう状態のこと。
付き合った当初のドキドキがなくなり、一緒にいることが 当たり前になるため、刺激がないと感じたり気持ちが冷める といった状況に陥ることを言います。
恋人同士だけでなく、夫婦の場合にも同様に訪れると言われる 倦怠期。 夫婦は、恋人以上に一緒に過ごす時間が長いため、新鮮味が なくなり、相手の嫌なところが目につきやすいものです。

■放置しておくと別れる!?
なかには、倦怠期から別れてしまうカップルも珍しくありません。 一緒にいてもつまらないと感じてしまったり、些細なケンカから すれ違いが生じ、ちょっとしたことで別れてしまうことも。 ただし、決して別れが正しい解決法ではありません。 一時的な感情に動かされると、後から後悔してしまうかも…。 感情的になる前に、冷静に考える必要があります。 相手との思い出を振り返ったり、相手の優しさを思い出すようにし、 感情だけで別れを選択してしまわないようにしたいものです。

倦怠期の時期はいつ?

■3ヶ月
一般的に言われているのは、付き合って3ヶ月目の時期。 それは、付き合い始めから抱いていた「何か違う」という 違和感が、徐々に不満に変わる時期と言われています。 100%完璧な人なんていません。 生まれ育った環境が違えば、多少の感覚のズレも出てきます。 相手に対し「何か違う」と思った時は、我慢せず気になること をはっきりと伝えるのがベターです。 違和感を抱いたまま付き合っていると、相手との居心地が悪く なってしまうとともに、相手にも失礼ですよ。

■半年
また次いで多いと言われるのが、付き合って半年の時期。 特に辛抱強いとされる女性にとって、溜め込んだ不満が爆発 する時期です。 3ヶ月の時期よりさらにお互いを知ると、小さいことで 感情的になり、ケンカに発展するケースも多いもの。 不満はそのままにせず話し合ったり、お互いに歩み寄る ための妥協策、対策を考えることも大切です。 どちらが悪いとけなし合うのではなく、相手に対する 思いやりを持つことが重要なのです。

■1年
付き合って1年が経てば、相手との関係に落ち着く時期。 争い事も無く平穏な日々…が逆にマンネリ化を生むことも。 失ってしまった刺激を取り戻すには、普段しないようなこと にトライしてみるのも良いでしょう。 例えば、相手へサプライズの計画だったり、定番化した デートの内容を見直してみましょう。

■3~4年目
ここまできたらもう大丈夫でしょ!?と思われがちな時期。 そんな時期こそ倦怠期に陥りやすいのです。 付き合って3年以上一緒にいると、相手との関係が当たり前 になるのはもちろん、安定しているからこそ、相手への感情が 本当に恋愛感情なのか?ただの情ではないのか?そんな 不安を感じてしまうのです。 カップルから"家族"のような感覚に変わってしまうのは 仕方のないこと…なのでしょうか? 相手への気持ちを確かめるには、時々一人の時間を持つこと もポイントになってきます。 一人で過ごしてみて初めて、相手の大切さに気づくという こともありますからね。

■倦怠期はいつまで続く?
はっきり「◯ヶ月続きます!」と言えないのが正直なところ。 倦怠期の期間は当然カップルによって異なるので、短くて 1ヶ月で終わるカップルもいれば、長くて1年以上かかるという カップルもいます。 倦怠期を早く終わらせたい時には、「相手のせい!」と 思わずに、冷静に振り返ってみてください。 まずは、自分が変わる努力をしてみる。これが大事です。

倦怠期の原因とは?

■自分磨きしなくなる
これは男女ともに言えること。 彼氏・彼女ではなく「夫婦」のような関係になることから 生まれてしまう"怠け"です。 気を抜いていても「誰も見てないし」と、常にすっぴんで 過ごしたり、だらしないスウェットやジャージ姿でいても 恥じらいを感じなくなってしまったらアウト! 相手がいるのに身だしなみがだらしなくなってしまうのは、 異性といる感覚が所帯じみたものに変わってしまっている 証拠かもしれませんね…。

■デートや外食がワンパターン
付き合いが長くなると、二人でどこかに出掛けるにしても いつも同じ場所…そんなことありませんか? それは心のどこかで「ここでいいでしょ」と手抜きをして いるからかもしれません。 付き合い始めの頃は、一緒に行きたい場所がたくさんあった はず。デートの度に趣向を凝らして楽しめていたと思います。 いつの間にか「またここ?」「もう行きたくないな…」なんて 考え始めてしまったら、危険信号と覚えておきましょう。

■「忙しい」を理由にすれ違い
大好きな相手とだったら、どんなに忙しくても、疲れていても 会いたい! …そんな気持ちも、慣れと共に薄れてしまっていませんか? 「忙しいからいいや」「疲れてるから今日はやめよう」 そんなことが積み重なり、気づけば二人の間に溝が…。 そうなってからでは遅いんですよ!要注意!

■結婚を意識しすぎ
結婚適齢期と言われる20代後半~30代のカップルに多いのが この原因です。 お互いに結婚を意識するものの、なかなか思い通りに進まな かったり、焦りが先走ってしまったり…。 特に女性は、彼からのプロポーズを待っているにも関わらず、 彼のマイペースな行動に嫌気がさすということも。 男性も、彼女に結婚を急かされることで余計にプロポーズの タイミングを逃す…という悪循環を生みます。 結婚ばかりを意識しすぎて、目の前にある幸せに気付けない。 そんな悲しい状況にはなっていませんか?

■倦怠期が悪いことだと思い込む
意外なようですが、この原因も実はとっても多いんです。 相手との関係が上手くいかず、倦怠期真っ只中。 そんな時、まず「倦怠期をどうにかしなくては!」 そう考えてしまうケースです。 もちろん、倦怠期が無ければ悩みは少ないかもしれません。 しかし、倦怠期を「悪い時期」と考えるか、「通過点」と 捉えるかによって、これからの二人の関係は大きく変わって くるもの。 「相手のことを本当に好きか分からない…。」 「好きか分からない」と「嫌い」は大きく違います。 今の感情は"慣れ"なのか、"苦痛"なのか、自分の気持ちに 素直になってみる必要がありそうです。

倦怠期を乗り越える方法

■パートナーがいない生活を体験してみる
本当に自分の気持ちが分からなくなってしまった時には、 相手と1ヶ月ほど会わない期間を作ってみるのも悪くは ありません。 無理に避けるのではなく、なるべく会わないようにし、 連絡も控えてみることで、自分自身の気持ちと向き合えます。 「パートナーといて当たり前だったこと」が、いかに大切な ことだったかを気づくきっかけになること間違いありません。 また、相手の存在や優しさ、気遣い、愛情に気付けることも あります。 「わたし、こんなに彼のこと好きだったんだ」 と、相手への愛情を取り戻すことができるかもしれません。

■二人で新しいことを始めてみる
倦怠期の大きな原因は「慣れ」。 その慣れを打壊するために、二人で今まで行ったことのない 場所へ出掛けてみたり、何かスポーツを始めてみたり。 二人一緒に気分転換をすることで、昔の新鮮な気持ちを取り 戻すきっかけが作れます。

■話し合う
お互いが倦怠期を感じているのであれば、今の状況について 話し合ってみるのも手です。 どうしたらもっと二人の関係が良くなるか?お互いの不満 を言い合うのも良いでしょう。 一番良くないのは、不穏な空気を"見て見ぬふり"すること。 しっかりお互いが向き合う機会を作ることで、さらに二人の 絆を深めることもできますよ。

■手紙で思いを伝える
「ありがとう」「ごめんね」言葉で伝えていますか? 一緒にいることが当たり前になってしまうと、こんな大切な ことが疎かになりがちなものです。 今さら言葉で伝えるのは恥ずかしい…そんなカップルに おすすめなのが、手紙です。 手紙なら、普段伝えられないことも素直に伝えられるもの。 また形に残るので、いつまで経ってもその思いを読み返す ことだってできます。

■相手の良いところを褒める
倦怠期になると、相手の嫌な面ばかりに気を取られてしまいます。 しかし、そんな時だからこそ、相手の良いところを見るように 努めましょう。そして、その良いところを褒めてあげましょう。 相手の良いところを探す行為も、褒める行為も、そして褒められる 側にも、マイナスな要素なんて一つもありません。 「◯◯ちゃんの、こういうところ尊敬するよ」 など、一日一つ以上は伝えられるようにしたいですね。

まとめ

カップルの倦怠期についてまとめました。 初めは大好き同士で付き合ったものの、時間が経つにつれ、慣れて怠けてしまう。そんなことは当たり前に訪れます。しかし、その倦怠期をいかに乗り越えるかが重要です。変に倦怠期を意識しすぎず、初心に戻ってみること。「こんなところが好きだったな」「あんな時もこんな時も一緒にいたな」など、付き合った期間が長いほど、たくさんの気持ちが溢れてくるはずです。その気持ちを大切に、倦怠期は二人の通過点だということを忘れないでくださいね。

おすすめ関連記事
夫婦の新しいスタイル『週末婚』はアリ?ナシ?

本記事は、2016年11月29日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

村井
村井

はじめまして、ライターをさせてもらっている村井と申します。つい数年前に結婚10年目を迎えたアラフォー女なので、ちょっと先輩風を吹かしつつ、結婚に関連したまとめをここぞとばかりに得意としています。参考になるかは分かりませんが…一応離婚もせず家族仲良くやれているので、独身の方へのアドバイスになるかなと、ちょっと思ったりしています。軽い気持ちで、暇つぶしにサラッと読んでやって下さいませ。

倦怠期が来る時期とは?カップルで乗り越えるための方法

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!

PICK UP編集部おすすめ記事

RANKING注目記事

  1. 正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

    正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

  2. 「八方美人」ってこんな人!?気になる意味と改善方法とは?

    「八方美人」ってこんな人!?気になる意味と改善方法とは?

  3. 「釣書」って何?縁談に欠かせない書き方とマナーを学ぼう!

    「釣書」って何?縁談に欠かせない書き方とマナーを学ぼう!

  4. 【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

    【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

  5. 【親への結婚挨拶、どう進める?】服装や当日の流れなど、確認しておきたい結婚挨拶のマナー

    【親への結婚挨拶、どう進める?】服装や当日の流れなど、確認しておきたい結婚挨拶のマナー

FOLLOW US公式SNS