【ブーケ&ブートニアの基礎知識】ウエディングブーケの種類から付け方のコツまで

【ブーケ&ブートニアの基礎知識】ウエディングブーケの種類から付け方のコツまで

ウエディングドレスとあわせて、結婚式には欠かせないアイテムのひとつである「ウエディングブーケ」。ブーケは、形や使うお花の種類によって、雰囲気ががらりと変わるので、しっかりと選びたいですよね。今回は、そんなウエディングブーケの基本を徹底解説!フリーウエディングプランナーの岡村奈奈さんに聞いてみました♪

2018.09.06 更新

こんにちは。ウエディングプランナーの岡村奈奈です。今回は、結婚式で新婦がもつウエディングブーケと新郎の胸につけるブートニアについて、解説します。

Contents

ウエディングブーケについて

日本におけるウエディングブーケは、ドレスと同様、より繊細で細かくデザインされていて、依頼に対して忠実なものが提供されます。依頼時は、「可愛く」「インパクトのある」「体型カバーに」などブーケを単品としてだけでなく全体をイメージして考えるのがいまどき。

また、ブーケの制作には、「花の種類」「ブーケ全体のデザイン」「ドレスとの相性」という3つ要素は、どれも同じくらい大切で、ブーケを依頼した花嫁像を表現するために重要なパートとなります。ドレスや会場など、自分の条件に合うものがイメージできない場合には、画像検索などで「いいな」と感じるブーケの共通点を見つけてみましょう。その共通点も、きっと大きなヒントになると思います。

雰囲気もさまざま!ブーケデザインの種類

まずは、ブーケの基礎知識について。
形やデザインでカテゴリー分けされる「ブーケの種類」の名称と特徴を見ていきましょう。

ラウンドブーケ

丸い形が愛らしい印象の、もっともベーシックなデザインのブーケ。ドーム型で持ちやすく、ボリュームのあるドレスに合わせやすいデザインです。とくに、小さめの花や同じ種類の花でまとめるカワイイ系のものが人気。

キャスケードブーケ

名前のとおり「滝」のように上から下に向かう流れのあるデザインのブーケ。象徴的な正統派ブーケとされ、トレーンの長い大人っぽいドレスによく合います。逆三角形のシルエットが体型をスレンダーに見せてくれる効果も。

ティアドロップブーケ

涙の雫を逆向きにしたデザインのブーケで、キャスケードよりもふっくらとして可愛らしい印象。ゴージャスな「オーバルブーケ」とも似ていますが、ティアドロップブーケのほうがオーバルブーケよりもまとまりがあり、どんなドレスにも合わせやすいのが特徴です。

クラッチブーケ

シンプルに束ねて茎を見せるタイプのブーケ。摘んできたままであるかのようなナチュラル感と、花やグリーンの表情を多面的に見せられるのが人気。小花で短くまとめるとカジュアルで若々しく、長めで不揃いに束ねると大人っぽくモード風に。

ボールブーケ

全面が花で覆われたボール状のアレンジをリボンなどで吊り下げて持つデザイン。花の種類やリボンの組み合わせでオリジナリティが出しやすく、和装ブーケやアートフラワーもバリエーションを考えやすいのがポイント。

リースブーケ

冠や月桂冠がルーツと言われる輪状の土台に、花やグリーンをあしらったブーケ。一周ぐるっと花を飾る場合もあれば、一部にだけ花をつけるデザインもあります。ナチュラル系、モード系などインパクトのあるドレスとの相性が○。

アームブーケ

カラーなど茎のしっかりとした種類の花をきれいに見せるスタイルのブーケで、クラッチブーケと同じ「タイドブーケ」と呼ばれる種類のひとつ。エレガントでインパクトのあるデザインなので、シンプルで張りのある生地のドレスとの相性が○。

ブーケに使うお花のタイプは?生花や造花、それぞれの特徴とメリット&デメリット

もともと結婚式では、特別な理由がない限り「生花」を使うのが一般的でした。

結婚式と花は、歴史的に結びつきが強く、プロポーズや魔除けのおまじないなど、さまざまな慣わしのルーツに生花が関連しています。さらに、フレッシュな生花は富や美しさの象徴という意味も。
しかし、技術面の進化もめざましい昨今、生花以外の選択肢も大変充実していますので、活用しないのはもったいないこと。
生花だけにこだわらず、結婚式のスタイルやふたりのライフスタイルに合ったものを考え、選んでください。

生花

言うまでもなく、ウエディングに使うお花といえば生花です。写真映り、香り、迫力など生花に超えるものはありません。一方で「事前に同じものを確認できない」「長く残すことができない」などのデメリットがあります。

造花(アートフラワー)

生花と同じかそれ以上の価格の造花(アートフラワー)は、本物と見紛うほどのクオリティです。海外ウエディングや前撮りに同じものを持って行きたい場合や、生花より軽量を求める場合におすすめ。

プリザーブドフラワー

生花を加工したものなので、半分は生花ですが、保存が効き、ロイヤルブルーなど生花にはない色のバリエーションがあることも魅力です。親や友人が事前に作ってプレゼントしてくれる場合に用いられることが多いですが、染料がドレスにつくことがあるので注意。

ドライフラワー

本記事は、2018年09月06日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

Specialゲストライター

岡村奈奈
岡村奈奈
フリーウエディングプランナー

音大卒業後、専門式場などの婚礼施設勤務を経て2005年にフリーに転向。執筆や監修、メディア出演多数。オーソドックスなスタイルから、アウトドアや音楽ホール等でのユニークなウエディング、伝統的な和婚までオールマイティに対応するトッププランナーのひとり。渋谷と横浜で毎月相談会を開催している。

Webサイト・SNS
【ブーケ&ブートニアの基礎知識】ウエディングブーケの種類から付け方のコツまで

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!

PICK UP編集部おすすめ記事

RANKING注目記事

  1. 結婚式BGMはどうやって選べばいい?シーン別おすすめソングまとめ

    結婚式BGMはどうやって選べばいい?シーン別おすすめソングまとめ

  2. 【基礎知識】ウエディングドレスの種類とブランドを徹底研究!今、知りたいドレス事情

    【基礎知識】ウエディングドレスの種類とブランドを徹底研究!今、知りたいドレス事情

  3. 【真似したい構図&ポージングが見つかる♡】ハナレポ花嫁の前撮り写真25選

    【真似したい構図&ポージングが見つかる♡】ハナレポ花嫁の前撮り写真25選

  4. 【ブーケ&ブートニアの基礎知識】ウエディングブーケの種類から付け方のコツまで

    【ブーケ&ブートニアの基礎知識】ウエディングブーケの種類から付け方のコツまで

  5. トレンドデザインに注目♡TAKAMI BRIDALから秋冬の新作ウエディングドレスが登場!

    トレンドデザインに注目♡TAKAMI BRIDALから秋冬の新作ウエディングドレスが登場!

FOLLOW US公式SNS