【そのスーツ大丈夫?】男性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

【そのスーツ大丈夫?】男性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

大切な人の幸せを祝福する結婚式。日常とは違うフォーマルシーンなので、どんなスーツを着ていけばいいか迷ってしまいますよね。
今回は男性ゲストの結婚式の服装について徹底解説!ビジネス用のスーツでいいの?ネクタイやシャツの色や柄は?靴はどうすればいい?など、細かい疑問もまるごと解決します。

2018.06.28 更新

Contents

1.コレだけは避けるべし!男性ゲストの結婚式服装NGマナー

白いスーツやタキシード

白やピンクなど、明るい色のスーツやタキシードは、悪目立ちしてしまう可能性があるので控えましょう。
出典:amazon

白やピンクなど、明るい色のスーツやタキシードは、悪目立ちしてしまう可能性があるので控えましょう。

黒いシャツ

黒いシャツはカジュアルな印象を与え、お祝いの場にはふさわしくないので、ドレスコードとして指定されたとき以外は避けること。
出典:amazon

黒いシャツはカジュアルな印象を与え、お祝いの場にはふさわしくないので、ドレスコードとして指定されたとき以外は避けること。

ブーツ

結婚式の服装に、ブーツをあわせるのはNG。カジュアルな雰囲気の結婚式でも、できるだけ避けましょう。

結婚式の服装に、ブーツをあわせるのはNG。カジュアルな雰囲気の結婚式でも、できるだけ避けましょう。

白い靴下

ダークスーツに白い靴下はマナー違反。ミドル丈の黒い靴下を着用するのが基本です。
出典:amazon

ダークスーツに白い靴下はマナー違反。ミドル丈の黒い靴下を着用するのが基本です。

上記以外にも黒いネクタイやキャラクターもの、ヒョウ柄やゼブラ柄といったアニマル柄の物もNGです。結婚式はあくまで新郎新婦を祝福する場なので、必要以上に目立つ服装やフォーマルな場にふさわしくない服装をしないように注意しましょう。

2.フォーマルスーツの種類とマナー

スーツの種類

結婚式はフォーマルウェアで参加するのが基本。正礼装・準礼装・略礼装と、格式の高さによって分類されます。男性の礼服はブラックスーツが基本ですが、ビジネススーツとは違い、光沢のない深い黒のスーツを指します。

  • 【タキシード】
    夜の結婚式に適した準礼装。黒のタキシードに黒の蝶ネクタイ、胸元にポケットチーフを入れるのがベーシックなスタイルです。

  • 【ディレクターズスーツ】
    昼の結婚式に適した準礼装。主賓ゲストや新郎新婦の親族が着用できます。

  • 【ブラックスーツ】
    あらゆる冠婚葬祭に適した略礼装。日本独自のもので欧米のドレスコードと関係ないため、ほとんど準礼装のように周知されています。結婚式で着用する場合は、レギュラーカラーもしくはウイングカラーのシャツに、白やシルバーグレーのネクタイをコーディネートします。

  • 【ダークスーツ】
    ブラックスーツよりもカジュアルな略礼装で、ネイビーやグレーなどといった暗い色のスーツのことです。ベストを加えた3ピーススーツならフォーマルシーンにもOK。ネクタイやチーフもしっかりコーディネートすると華やかさが演出できます。

男性の礼服マナー

以下の図は、スーツの種類を格式や式場タイプ別に分類したものです。

出典:編集部

正礼装は、モーニングコート(昼)や燕尾服(夜)となりますが、これらは結婚式では新郎や新郎の父親の専用の衣装というようなイメージが強いのでゲストはほとんど着ません。昼と夜のどちらとも言い難い時間設定のウエディングの場合にはどちらにしても構いませんが、季節や会場によって合いそうなほうを選ぶといいと思います。

3.結婚式のシャツのマナー

シャツの色

出典:楽天市場

結婚式はフォーマルな場なので、基本的にシャツは「無地の白」です。ただし、3ピーススーツに合わせる場合や、カジュアルなパーティの場合にはカラーシャツを組み合わせると素敵です。ドビー生地やジャガード織りの柄シャツを取り入れるのも○。

シャツの襟

襟はウイングカラーかレギュラーカラーを選びましょう。襟を留めるボタンダウンシャツや襟が短いショートポイントカラーはカジュアルな印象を与えるため、結婚式では着用を控えましょう。

  • 【レギュラーカラー】
    一般的な襟型。どのジャケットやネクタイともあわせやすいのが特徴です。

  • 【ウイングカラー】
    首回り全体が立ち上がり、襟先のみが折り返されているのが特徴。昔からフォーマルシーンで活用される格式の高いシャツです。

袖口とカフスボタン

シャツの袖口のデザインについては、準礼装以下の場合、コーディネートはフォーマルの範囲内で自由。ダブルカフスのほうがよりフォーマルになりますが、シングルカフスのシャツを着用しても問題ありません。
カフスボタンをつける際は、シンプルなフォーマル用のものを選びましょう。季節や新郎新婦にちなんだモチーフのものをつけるのも素敵です。

4.ネクタイ、ポケットチーフ、ベストなど小物アイテムのマナー

ネクタイ

ネクタイは白やシルバーグレーが一般的ですが、白地に細いストライプや柄が入ったようなデザインでも問題ありません。また、カジュアルなパーティーであれば、ピンクや青など、派手なデザインのネクタイでもOK。スーツやチーフなど全体のバランスを見て選びましょう。蝶ネクタイは本来タキシードか燕尾服に合わせるものですが、3ピーススーツにカラフルなものを合わせるのもオシャレです。バランスのとりやすいフォーマル用のものを選ぶと安全です。

ポケットチーフ

出典:楽天市場

ポケットチーフは、フォーマルシーンには必須のアイテムです。ネクタイ同様、白いチーフが一般的ですが、ネクタイの色にあわせれば問題ありません。素材は、ハリのあるリネン素材のものを選びましょう。折り方は“スリーピークス”や“TVホールド”がフォーマルシーン向きです。

■スリーピークスの折り方

  • ①2回三角に折り、2つの角を少しずらす

  • ②さらに三角に折り、3つの角を均等にずらす

  • ③ポケットにおさまるよう、下部を折る

■TVホールドの折り方

  • ①たて・よこに折り、正方形にする

  • ②ポケットの幅にあわせて、三つ折りにする

  • ③ポケットの深さにあわせて、下部を折る

ベスト

本記事は、2018年06月28日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

Wedding Park編集部
Wedding Park編集部

カップルで過ごす時間をより楽しくするための情報をいち早くお伝えしていきます♪

Webサイト・SNS
【そのスーツ大丈夫?】男性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!