【イラスト付き】結婚のご祝儀袋!選び方・書き方・マナー・金額まるわかり

【イラスト付き】結婚のご祝儀袋!選び方・書き方・マナー・金額まるわかり

結婚祝いとしてお金を包んで渡す「ご祝儀」。結婚式に参列するときに必ず用意する「ご祝儀」ですが、さまざまなマナーがあるのをご存知ですか?
今回は、ご祝儀の金額相場から、相場にあわせたご祝儀袋の選び方、ご祝儀袋の書き方、ふくさの包み方など、基本的なマナーから応用編まで、イラスト付きで解説します。
中袋(中包)の書き方やお札の向き、渡し方など、意外と知らない結婚の「ご祝儀」に関する情報満載です!

2019.12.12 更新

招待状で「出席」と返信したが、欠席してしまった場合は、相場の全額を包む

病気やトラブルで、直前に結婚式に行けなくなってしまった場合は、ご祝儀を渡すのがマナー。

欠席するほどの事情なので、1ヶ月前までであれば、連絡と気持ち程度の贈り物でも問題ありませんが、それ以降となると、料理や引き出物の用意をすでにしてしまっていることがほとんどのため、欠席連絡と同時に当日渡す予定のご祝儀を現金書留で贈るのがマナー

予期せず、直前の連絡になった場合は、後日なるべく早く贈るようにしましょう。

相手をお祝いする気持ちを包んで

本来、ご祝儀は「気持ち」なので、金額に正解はなく、年代や新郎新婦との関係性や、これまでどれだけお世話になったか、これからどんな関係でいたいかなど、相手をお祝いする“気持ち”によって包む金額は変わります

ご祝儀金額を決めるのに大切なのは、新郎新婦だけではなく一緒に参加するゲストや周囲の人にも失礼がなく、しっかりお祝いが伝わる金額を“見定める”こと。

実際、気持ちで金額を決めるのは難しいので、相場や周囲を参考にするのが無難です。もし、金額に迷ったら、一緒に参列する知人や友人に相談しながら、金額を決めるのがおすすめです。

お札の向きやたたみ方は? ご祝儀袋の正しい包み方

お札の向きは、紙幣の顔が表側

ご祝儀袋の中に入れるお札の向きは、お札を出すときに人物の肖像画が最初に見える向きに入れるのがマナーです。

中袋には、お札の表(人物の肖像画が描かれている側)と中袋の表面(金額を書いている側)をあわせ、また、中袋の表面とご祝儀袋の表面が同じ方向を向くように包むこと。

下側の折り返しを上に重ねる

ご祝儀袋の外袋の折り返しは、折り返しの下側が上側に重なるように折ります

これは「幸せが(落とさず)貯まりますように」という意味があり、お祝い事向きのご祝儀袋の折り方です。
反対に、上側の折り返しを上にしてしまうと、「悲しみが(貯まらず)流れて行きますように」という意味になってしまい、弔事の際に用いられる折り方なので、結婚式のご祝儀の場合は絶対にNG。

ご祝儀は「ふくさ」に包むのが大人のマナー

ご祝儀袋は、ふくさ(袱紗)に包む

ご祝儀袋は、知らぬ間に汚れたり、端が折れたりしてしまうので、直接バッグに入れず、ふくさに包んで持ち歩くのが大人のマナー
金封を見せないため、大切なものを保護するためという意味合いがあります。受付時にふくさから取り出して、受付の方に渡すようにしましょう。

また、ふくさは色にも注意。暖色系の明るい色のものは結婚式などの慶事用、寒色系の沈んだ色のものはお葬式などの弔事用とされているので、黒やグレーなどのふくさにご祝儀を入れるのは避けましょう。
紫のふくさなら、どのシーンでも使えるのでおすすめです。

結婚式向けのふくさのたたみ方

ふくさのたたみ方はお祝い事と、お悔やみ事によってたたみ方が異なります。
結婚式の場合は、ご祝儀袋の表面を上にしてふくさの上にのせ、【左⇒上⇒下⇒右】の順に折りたたみます
逆の順で折ってしまうと弔事のたたみ方になってしまうので、注意しましょう。

好印象まちがいなし♡スマートなご祝儀袋の渡し方

①受付の手前、または並んでいる段階でふくさをバッグから取り出す

②受付が自分の順番になったら、「本日は誠におめでとうございます」とお祝いの言葉を伝える

③「新郎友人の◯◯です。」と、新郎新婦との関係性と名前を伝えて挨拶する

④ふくさからご祝儀袋を取り出す

⑤受付側から名前が読める向きに変え、両手でご祝儀袋を渡す

⑥ご祝儀の受け渡し、芳名が終わったら、ふくさをバックにしまい、速やかにその場から外れる

ご祝儀は結婚式当日の受付で渡す

ご祝儀を渡すタイミングは受付

ご祝儀は、結婚式当日の受付で渡すのが基本。
受付のタイミングは、結婚式のスタイルによって、挙式前の場合と披露宴前の場合があるので、案内に従ってスマートに対応しましょう。書き忘れや新札の入れ忘れがないよう、前日までに準備しておくようにしましょう。

結婚式に参加しない場合は、結婚式の一週間前までに渡す

都合がつかず結婚式には参加出来ない場合や、招待されていないけどご祝儀だけ渡したい場合は、「結婚式の日までに渡す」のがマナーです。


【ご祝儀を直接渡すときのポイント】
かつては、結納から結婚式までの間の、吉日の午前中に自宅まで伺って、直接手渡すのがご祝儀の正式な渡し方といわれていました。

現在は結婚の報告を受けてから、遅くとも結婚式の一週間前までに渡せばOK

1週間前までに届けられない場合は、結婚式が終わってしばらくしてから持参しても問題ありません。贈りたい気持ちだけは早めに伝えておきましょう。結婚式の直前直後は、慌ただしいタイミングなので、相手の予定に合わせるよう配慮を。


【ご祝儀を郵送するときのポイント】
現金を郵送するときは、「現金書留」で送るのが基本です。普通郵便や宅配では現金を送れないので注意しましょう。

「現金書留」で送る場合は、お祝いの気持ちを伝えるためにも、必ず「ご祝儀袋」に入れてから現金書留専用の封筒にいれること。現金書留の封筒に入る祝儀袋を用意するよう事前にサイズを確認しましょう。

また、郵送でご祝儀を贈る際は、現金だけを送るのではなく、メッセージを一言添えるのがおすすめです。
なお、結婚式当日に式場宛てにご祝儀を送ることのはマナー違反のうえ、授受できないため絶対に避けること。必ず本人か実家の住所に届けるようにしましょう。


ご祝儀に包む新札がないときはどうする?

ご祝儀は新札を包むのがマナー

結婚式のご祝儀には必ず、銀行で発行した未使用の「新札」を包むのがマナーです。

綺麗なお札を使うべきとされる理由は、「新たな門出のお祝いとして、時間と手間をかけて準備していること」をあらわすためと言われています。
反対に、お葬式などの場合は、「不幸ごとを待っていた」という意味合いになってしまうため、新札はNGとされています。

結婚式のご祝儀に、折り目の付いたお札を包んでしまうと、「準備していなかった」というマイナスな印象を与えてしまうため、新郎新婦へお祝いの気持ちを伝える手段のひとつとして、また常識ある大人のマナーとして、必ず新札を用意しましょう。

新札やピン札を準備する方法

①銀行窓口
両替時に記入する用紙の備考欄に「新札」と記入して両替しましょう。

②郵便局の窓口
銀行以外にも、郵便窓口で「新札(新券)に両替してください」と依頼すると両替可能です。

③両替専用ATM
銀行によって、新札に両替できるATMがあります。

緊急事態!新札が用意できない時の裏ワザ

①アイロンをかける
霧吹きなどでお札を湿らせ、当て布をしてアイロンをかけると、ピン札を作ることができます。汚れのない綺麗なお札に使える裏ワザです。アイロンをしすぎてお札を焦がさないように注意!

②式場のフロントでお願いする
結婚式の会場となるホテルや式場のフロントでは、ピン札を用意している場合も。式場に事前に確認し、当日両替しましょう。

③友人にお願いする
同じ結婚式に出席する友人・知人に聞いてみるのも策。どうしても準備できない場合の緊急手段として、両替を依頼してみましょう。

海外挙式や子連れの場合! ご祝儀に関するよくあるQ&A

Q1:友人のハワイ挙式の参列に招待されました! 海外挙式の場合、ご祝儀はどうしたらいいの?

基本的に海外挙式の場合のご祝儀は、旅費が自己負担になるので「ご祝儀はなし」となるケースが多いです。ご祝儀不要と言われても手ぶらで参列するのは気が引けるという方は、5000〜1万円程度のお祝いの品を渡してもOK。
新郎新婦に旅費の負担をしてもらった場合は、関係性に応じた金額を用意しましょう。


Q2:子供が預けられないので、子連れ参列します。ご祝儀の金額は3万円でOK?

乳幼児や3歳頃までのお子様の場合は、専用の料理の用意がないので、大人1名分の金額を包むのが一般的。授乳室の用意など費用がかかっている場合もあるので、ご祝儀プラスアルファで、手紙やスモールギフトを用意するとよいでしょう。

お子様用の料理の用意が必要な小学生くらいの子供の場合は、大人一人分のご祝儀に+1万円を包みましょう。
ただし、その場合はご祝儀の合計が4万円になってしまい、縁起の悪い数字となるため、1万円札3枚と、5千円札2枚包むのがおすすめです。

また、中高学生など、大人と同じ料理が食べられる年齢の子供の場合は、大人の人数で数えます。親子2人なら5万円、夫婦と子など3人なら7万円が相場です。

ご祝儀のマナーを守ろう!

結婚式や披露宴では、マナーを守った形の「ご祝儀」を渡すのが安心。というのも、日本ではマナーを守る人が多いため、金額が低かったり、新札を使っていなかったりすると、想像以上に目立ってしまいます。

新郎新婦やそのご家族に悪い印象を与えないためにも、マナーやポイントをしっかり確認して、正しいスタイルで「ご祝儀」を渡して、気持ちのよくお祝いしましょう!


監修・執筆/ウエディングプランナー岡村 奈奈

音大卒業後、専門式場などの婚礼施設勤務を経て2005年にフリーに転向。執筆や監修、メディア出演多数。オーソドックスなスタイルから、アウトドアや音楽ホール等でのユニークなウエディング、伝統的な和婚までオールマイティに対応するトッププランナーのひとり。渋谷と横浜で毎月相談会を開催している。
http://www.nanea.jp

本記事は、2019年12月12日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

ウエディングパーク編集部
ウエディングパーク編集部

カップルで過ごす時間をより楽しくするための情報をいち早くお伝えしていきます♪

Webサイト・SNS
結婚準備ガイド
Wedding Park Magazineトップへ