【結婚祝いプレゼントの選び方】本当に喜ばれるギフトって?渡し方のマナーやランキング

【結婚祝いプレゼントの選び方】本当に喜ばれるギフトって?渡し方のマナーやランキング

結婚が決まった方に贈りたい、結婚祝いのプレゼント。相手の好みや環境によって、喜ばれるアイテムが変わるので、なにを贈ればいいか迷ってしまいますね。
そこで今回は、結婚祝いの選び方と贈るときのマナーについて徹底解説!のしや予算、メッセージ例文などもあわせてご紹介します。

2019.12.17 更新

Contents

結婚祝いとは、結婚するふたりへ贈るお祝い

結婚祝いとは、結婚する新郎新婦に向けて、祝福の気持ちをこめて贈るプレゼントのこと。
結婚式のときに渡す“ご祝儀”も、結婚祝いのひとつですが、現在「結婚祝い」と呼ばれるものは、結婚式や披露宴を行わない場合や参加できない場合などに贈るお祝いの総称です。

結婚祝いは、お祝い金か品物のどちらか、または両方を贈ります。関係性や渡す時期による相場を参考にするとよいでしょう。

結婚式に参列したら、クチコミを投稿してギフト券をもらおう!

結婚式に参列した方必見!
クチコミ投稿でギフト券がもらえるキャンペーン実施中♪
詳しくはこちら

結婚祝いは、”結婚式の一週間前まで”に渡す

結婚祝いはいつ渡す? 渡すタイミング

結婚祝いは、「結婚式の日までに渡す」のがマナー
かつては、結納から結婚式までの期間中、大安や先勝などの吉日の午前中に自宅まで伺って、直接手渡しをするというのが結婚祝いの正式な渡し方でした。

本来は、結婚の報告を受けてから、遅くとも結婚式の1週間前までに、手渡しもしくは配送するのがマナーでしたが、現在は相手のライフスタイルに合わせるほうが無難
親しい関係なら、欲しいものや必要としているものがないか聞いたり、引越し後など落ち着く時期を直接確認したりするのも問題ありません。

結婚式当日に結婚祝いのプレゼントを渡すのはNG。余計な荷物になってしまう可能性があるので控えましょう。

結婚祝いの包み方・熨斗紙(のしがみ)のマナー

熨斗紙(のしがみ)とは?

熨斗紙(のしがみ)とは、”熨斗(のし)”と”水引(みずひき)”がプリントされた紙のことを指します。
結婚祝いとして贈るプレゼントには、この熨斗紙をつけるのが基本。「格式の高い贈り物」の証明にもなるので、必ずつけること。

出典:ウエディングパークマガジン編集部


■熨斗(のし)
右上にある熨斗鮑の中の黄色い部分は元来長寿を表す“あわび”を意味し、干しあわびを打ち伸ばしたものを熨斗(のし)といいます。


■水引(みずひき)
水引(みずひき)は、包み紙を結ぶ紙製の紐のこと。慶事と弔事それぞれで用いられ、紐の色や本数、結び方によって意味が変わります。


■表書き(おもてがき)
目録を簡略化したもので、贈り物の内容や贈り主の名前を記載したもののこと。「水引」の上に贈り物の内容を記載し、「水引」の下に贈り主の名前を記載します。

デパートなどでギフトを購入した際、「表書き」の種類について聞かれることがありますが、結婚祝いとして贈るときは、『御結婚御祝』や『御祝』を選びましょう。


「水引(みずひき)」のマナー

出典:ウエディングパークマガジン編集部

水引とは、慶弔の際の贈り物につける飾り紐のこと。未開封である証明であり、人と人を結びつけるといった意味合いがあります。

水引は、贈り物の目的によって、結び方や色の種類が変わるので、選ぶときに注意が必要。せっかく相手のために選んだプレゼントが失礼な贈り物にならないよう、水引のマナーを守りましょう。



① 結び方
水引の結び方は大きく2つあり、出産や入学など、繰り返し祝いたいことは“蝶結び”、結婚や病気見舞いなど、一度きりでよいことへのお祝いは“結びきり”を使い分けます。
“あわじ結び”も“結びきり”の一種なので、結婚祝いに使うのも○。


② 本数
お祝いごとの場合の水引の本数は、 “慶びが重なるように”ということから10本が正式。結婚は“両家”、つまり“2つの家”がひとつになることを赤白5本ずつの水引で表現しています。


③ 色
水引の色は、“紅白”もしくは“金銀”が結婚祝い向き。“白黒”や“銀白”はお葬式などの弔事の場合に用いられる色なので、結婚祝いには使用してはいけません。

“内のし”と“外のし”の違い

出典:ウエディングパークマガジン編集部

熨斗紙の包み方には、“内のし”、“外のし”の2種類があります。
“内のし”は、品物に直接熨斗を貼り、その上から包装紙で包むことに対し、“外のし”はパッケージを包装した後、包装紙の上から熨斗をかける包み方です。

“内のし”は、本来控えめな表現で内祝い向きでしたが、現在は包装紙で熨斗紙の汚れやめくれを防ぐため配送全般に向いた包み方です。

“外のし”は、「表書き」が一目でわかるので、結婚祝いにはおすすめの包み方。直接手渡しする場合におすすめです。

結婚祝いの予算相場

一般的なプレゼント相場

5,000〜20,000円程度

結婚祝いのプレゼントは、5,000〜20,000円程度が相場です。
結婚祝いはあくまでも”気持ち”なので、必ずしも高い金額のプレゼントを渡す必要はありません。逆に高価すぎるプレゼントも、相手にお返しの気を遣わせる可能性があるので、20,000円程度に収めるのが今どきです。

結婚式に参加しない場合のプレゼント相場

10,000〜20,000円程度

結婚式の参加はなく、結婚祝いの品物のみを贈る場合は気持ち高めの10,000〜20,000円程度のものを。結婚式に招いたり、すでに結婚祝いをいただいた相手の場合は、同額程度を意識して考えましょう。

複数人でまとめて渡す場合のプレゼント相場

5,000円程度

ふたりもしくは複数人で一緒にひとつの品物を渡す場合は、ひとりあたり5,000円程度を目安に選ぶのがおすすめ。誰からの贈り物かわかるよう、人数が多くても一人ずつ名前を並べたカードを添えるほうが気が利いています。

結婚祝いに”現金”を贈るときはご祝儀袋に入れる

今どきの結婚祝いは、品物を渡すことが多いですが、現金で結婚祝いを渡す場合は、“ご祝儀”と同等の扱いになります。
結婚式に参加できない、または遠方に住んでいるなど、現金を直接渡せない場合は、現金書留で送っても問題ありません。現金は、普通郵便や宅配では送れないため注意すること。
その際は、現金を現金書留の封筒にそのまま入れるのではなく、必ずご祝儀袋に入れてから送ること。

また、現金での結婚祝い(ご祝儀)を送るタイミングも、品物の結婚祝い同様 「結婚式の1週間前まで」に届くように手配しましょう。式場に送るのはNGです。ご祝儀なので新札や奇数の枚数などの配慮も忘れないようにしましょう。

結婚祝いとあわせて贈りたい、メッセージ例

結婚祝いは“お祝いの気持ち”を形にして贈るもの。直接会って手渡しすることが難しく、配送でプレゼントを渡す場合は、お祝いのメッセージカードを添えましょう。
実際に結婚祝いを贈るときに使える、友人や同僚、会社の上司など、関係性別のメッセージ例をご紹介します。

【友人向け】結婚祝いのメッセージ例


結婚おめでとう!
お似合いのカップルがついにゴールインだね
これからも末永くお幸せに!!


結婚おめでとう!
落ち着いたら新居にもおじゃまさせてね
幸せな結婚生活を!


ご結婚おめでとうございます
○○ちゃんと結婚できるなんて○○くんは幸せ者すぎ!
これからも素敵な○○ちゃんでいてね

本記事は、2019年12月17日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

ウエディングパーク編集部
ウエディングパーク編集部

カップルで過ごす時間をより楽しくするための情報をいち早くお伝えしていきます♪

Webサイト・SNS
【結婚祝いプレゼントの選び方】本当に喜ばれるギフトって?渡し方のマナーやランキング

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!

PICK UP編集部おすすめ記事

RANKING注目記事

  1. 【みんなはどうした?】両家顔合わせ食事会のリアルを知る*完全準備ガイド

    【みんなはどうした?】両家顔合わせ食事会のリアルを知る*完全準備ガイド

  2. 【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

    【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

  3. 【親への結婚挨拶、どう進める?】服装や当日の流れなど、確認しておきたい結婚挨拶のマナー

    【親への結婚挨拶、どう進める?】服装や当日の流れなど、確認しておきたい結婚挨拶のマナー

  4. 失敗しない!上手な香水の付け方をマスターしよう♡

    失敗しない!上手な香水の付け方をマスターしよう♡

  5. ”吊り橋効果”のウソ・ホント!実はこんなところ恋愛テクニックが!?

    ”吊り橋効果”のウソ・ホント!実はこんなところ恋愛テクニックが!?

FOLLOW US公式SNS