洗練の空間と絶景でゲストをもてなすアーバンスタイルウエディング

洗練の空間と絶景でゲストをもてなすアーバンスタイルウエディング

今回ご登場いただくはるかさんは、昨年の12月に結婚式を挙げたばかりの花嫁!流行や形式にとらわれ過ぎずに、本当に大切にしたい部分やこだわりたい部分を絞り、それ以外は適度に肩の力を抜く…というメリハリある結婚準備のエピソードは、結婚準備に悩むカップル必読です!

2018.01.29 更新
はるか
PROFILE
はるかさん会社員結婚時の年齢:30歳
WEDDING PLACE
アンダーズ東京ホテル赤坂・六本木・麻布

目指したのは“結婚式慣れ”しているゲストも満足する結婚式!

「夫婦の始まりを報告するけじめとして、結婚式は絶対に挙げたかった!」

「夫婦の始まりを報告するけじめとして、結婚式は絶対に挙げたかった!」

もともとの結婚式に対するイメージはどのようなものだったのでしょうか?

結婚式を挙げることは、私と夫、お互いの人生の節目であると同時に親孝行でもあるし、今までお世話になってきた方への感謝を伝える場だと思うんです。だから、緊張感があるフォーマルなイベントというイメージでした。

はるかさん:結婚式を挙げることは、私と夫、お互いの人生の節目であると同時に親孝行でもあるし、今までお世話になってきた方への感謝を伝える場だと思うんです。だから、緊張感があるフォーマルなイベントというイメージでした。

式場探しで大事にしていた条件を教えてください。

カジュアル過ぎず、かしこまり過ぎない程よくフォーマル感のある場所がいいかなあって。サービスや接客のレベルはもちろん、遠方からのゲストも多いのでアクセスの良さ、何度も結婚式に出席したことがある方でも楽しめるかどうかを重視しました。
「今まで出席した結婚式とはちょっと違うね」と思ってもらえるポイントは欲しいと思っていましたね。

はるかさん:カジュアル過ぎず、かしこまり過ぎない程よくフォーマル感のある場所がいいかなあって。サービスや接客のレベルはもちろん、遠方からのゲストも多いのでアクセスの良さ、何度も結婚式に出席したことがある方でも楽しめるかどうかを重視しました。 「今まで出席した結婚式とはちょっと違うね」と思ってもらえるポイントは欲しいと思っていましたね。

お揃いの衣装を着たブライズメイドとの一枚

お揃いの衣装を着たブライズメイドとの一枚

その条件にマッチしたのが、「アンダーズ東京」だったんですね!

そうなんです。私たちの条件を満たすのはホテルだろうと、まずはネットで式場探しを始めたのですが、その段階で3軒に絞っていました。実際に式場見学へいって、決め手になったのは会場の51階からの眺望です!ふたりとも一目惚れし、「ここにしよう!」と決めました。

はるかさん:そうなんです。私たちの条件を満たすのはホテルだろうと、まずはネットで式場探しを始めたのですが、その段階で3軒に絞っていました。実際に式場見学へいって、決め手になったのは会場の51階からの眺望です!ふたりとも一目惚れし、「ここにしよう!」と決めました。

Instagramを活用して好きなものや理想を明確に

式場が決まってからの準備は、どのように始めましたか?

Instagramでドレスやヘアスタイルを調べていきました。ハッシュタグで欲しい情報をたどったり、アカウントからたどったり。普段から仕事でもInstagramを使って検索していたので、式場が決まる前からチェックしていました。

はるかさん:Instagramでドレスやヘアスタイルを調べていきました。ハッシュタグで欲しい情報をたどったり、アカウントからたどったり。普段から仕事でもInstagramを使って検索していたので、式場が決まる前からチェックしていました。

ドレスやヘアメイクのこだわりを教えてください!

ドレスはかなり悩みましたね!決定するまで4ヵ月くらいかなあ。見れば見るほど悩むし、着たいものと似合うものが違うということもありましたが、Instagramを見て「こういうドレスが着たい」とイメージしていたドレスに一番近いものを選びました。
ヘアメイクもInstagramにすてきな写真をアップしているヘアメイクさんがいたので、直接アポイントを取って、持ち込みました。

はるかさん:ドレスはかなり悩みましたね!決定するまで4ヵ月くらいかなあ。見れば見るほど悩むし、着たいものと似合うものが違うということもありましたが、Instagramを見て「こういうドレスが着たい」とイメージしていたドレスに一番近いものを選びました。 ヘアメイクもInstagramにすてきな写真をアップしているヘアメイクさんがいたので、直接アポイントを取って、持ち込みました。

打ち合わせのポイントは理想の具体化!こだわりたい部分はじっくり時間をかけて

結婚式のテーマはどのようにして決めたのでしょうか?

結婚式が12月だったので、ゲストの椅子にクリスマスリースのチェアサインを掛けたいと思っていたんです。打ち合わせでプランナーさんに相談したら「じゃあ、テーマは『リース』がいいかもね」って。打ち合わせをしながらテーマが定まっていった感じです。

はるかさん:結婚式が12月だったので、ゲストの椅子にクリスマスリースのチェアサインを掛けたいと思っていたんです。打ち合わせでプランナーさんに相談したら「じゃあ、テーマは『リース』がいいかもね」って。打ち合わせをしながらテーマが定まっていった感じです。

クリスマスが近いことから、『リース』をテーマに

クリスマスが近いことから、『リース』をテーマに

ウェルカムスペースにも『リース』のモチーフを投入!

ウェルカムスペースにも『リース』のモチーフを投入!

会場装飾やコーディネートでこだわったポイントはありますか?

高砂席に作ってもらったお花のアーチです!これもInstagramで見つけたコーディネートなんですが、バックの夜景を生かしつつ、テーマのリースにもちなんだアーチはどうしても入れたくて。
会場装飾は、わたしが一番好きな色であるピンクベージュと、甘くなりすぎないようにアクセントとしてグリーンやネイビーを投入して大人っぽく仕上げてもらいました。

はるかさん:高砂席に作ってもらったお花のアーチです!これもInstagramで見つけたコーディネートなんですが、バックの夜景を生かしつつ、テーマのリースにもちなんだアーチはどうしても入れたくて。 会場装飾は、わたしが一番好きな色であるピンクベージュと、甘くなりすぎないようにアクセントとしてグリーンやネイビーを投入して大人っぽく仕上げてもらいました。

ライトが散りばめられた高砂席のアーチ。イメージ通りのものに仕上がったそう!

ライトが散りばめられた高砂席のアーチ。イメージ通りのものに仕上がったそう!

自分の好みをしっかりと取り入れたおしゃれなテーブル装飾

自分の好みをしっかりと取り入れたおしゃれなテーブル装飾

欲張りすぎずゲストが楽しめることをメインに考えた結婚式に

結婚式当日の流れを教えてください!

夕方からスタートのナイトウエディングでした。挙式の後はテラスでウェルカムパーティをして、披露宴を。挨拶→乾杯→ケーキカット→プロフィールムービー→フォトシュシュ→お色直し→テーブルラウンド→両親への手紙→謝辞という流れです。
私も夫も仕事をしながらの準備だったので、プロフィールムービー等も自作はせず、式場に依頼して作りました。

はるかさん:夕方からスタートのナイトウエディングでした。挙式の後はテラスでウェルカムパーティをして、披露宴を。挨拶→乾杯→ケーキカット→プロフィールムービー→フォトシュシュ→お色直し→テーブルラウンド→両親への手紙→謝辞という流れです。 私も夫も仕事をしながらの準備だったので、プロフィールムービー等も自作はせず、式場に依頼して作りました。

ゲストと近い距離感でいられるようにと、ソファの高砂席をチョイス

ゲストと近い距離感でいられるようにと、ソファの高砂席をチョイス

乾杯後のケーキカット

乾杯後のケーキカット

余興は行わず、ゲストとの時間を楽しめるように

余興は行わず、ゲストとの時間を楽しめるように

お色直しはマーメイドラインのドレスに。「大人っぽさの中にかわいらしさもあるところがお気に入りです。」

お色直しはマーメイドラインのドレスに。「大人っぽさの中にかわいらしさもあるところがお気に入りです。」

皆でワイワイ楽しめるように、デザートビュッフェも盛り込みました。披露宴会場からの夜景が本当にすてきで、ゲストが喜んでくれたのがうれしかったです。東京タワーがきれいに見えるので、特に遠方から来てくれた方は感動してくれました!

はるかさん:皆でワイワイ楽しめるように、デザートビュッフェも盛り込みました。披露宴会場からの夜景が本当にすてきで、ゲストが喜んでくれたのがうれしかったです。東京タワーがきれいに見えるので、特に遠方から来てくれた方は感動してくれました!

式場探しの決め手にもなった夜景は、ゲストも大喜び!

式場探しの決め手にもなった夜景は、ゲストも大喜び!

デザートビュッフェも大好評だったそう

デザートビュッフェも大好評だったそう

ゲストに楽しんでもらうための工夫について教えてください!

「フォトシュシュ」といって、スマートフォンで撮影した画像がリアルタイムでスクリーンに映し出される演出を取り入れました。
カメラロールに保存している画像も映せるので、お互いの昔の恥ずかしい写真や変な写真がいっぱいあがっていて(笑)。かなり遊ばれていましたが、ゲストと一緒に楽しめたのが良かったです。

はるかさん:「フォトシュシュ」といって、スマートフォンで撮影した画像がリアルタイムでスクリーンに映し出される演出を取り入れました。 カメラロールに保存している画像も映せるので、お互いの昔の恥ずかしい写真や変な写真がいっぱいあがっていて(笑)。かなり遊ばれていましたが、ゲストと一緒に楽しめたのが良かったです。

当日撮った写真をリアルタイムでシェアしながら、盛り上がる会場

当日撮った写真をリアルタイムでシェアしながら、盛り上がる会場

披露宴で印象に残っているシーンはありますか?

母にエスコートしてもらった、お色直しの中座のシーンですね。司会の方に、母への感謝の気持ちを読んでもらったんです。当日は緊張していたので感動どころじゃないかなあと思ったんですが、そこはやはりいろいろ思いが込み上げてきて泣きましたね~。

はるかさん:母にエスコートしてもらった、お色直しの中座のシーンですね。司会の方に、母への感謝の気持ちを読んでもらったんです。当日は緊張していたので感動どころじゃないかなあと思ったんですが、そこはやはりいろいろ思いが込み上げてきて泣きましたね~。

ご両親には、感謝を伝えるお手紙もプレゼント

ご両親には、感謝を伝えるお手紙もプレゼント

準備は大変だったけれど、理想がかなった一日は忘れられない!

本記事は、2018年01月29日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

Wedding Park編集部
Wedding Park編集部

カップルで過ごす時間をより楽しくするための情報をいち早くお伝えしていきます♪

Webサイト・SNS

あなたにおすすめ

洗練の空間と絶景でゲストをもてなすアーバンスタイルウエディング

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!