Wedding Park MagazineカップルのためのライフスタイルWebマガジン

夫婦の新しいスタイル『週末婚』はアリ?ナシ?

2016.11.29 更新

「週末婚」という言葉を聞いたことがありますか?昨今、仕事を頑張るキャリアウーマンが増え、週末婚という結婚スタイルを選択する夫婦が増えてきています。週末婚とはどういうこと?また週末婚のメリット・デメリットを解説していきます。結婚のカタチは一つじゃない!選択肢の一つに「週末婚」を入れてみませんか?

** contents **

・週末婚ってどんなスタイル?

・働く女性におすすめ!週末婚のメリットとは
▼週末婚のメリット【1】いつまでも恋人同士の新鮮さが続く
▼週末婚のメリット【2】お互いが仕事に没頭できる
▼週末婚のメリット【3】過剰な依存心を防げる

・離婚のリスクが大きくなる?週末婚のデメリットとは
▼週末婚のデメリット【1】無駄が多い
▼週末婚のデメリット【2】コミュニケーション不足になる
▼週末婚のデメリット【3】お互いの自由さが不安要素になることも

・子供がいても週末婚、この選択はアリ?ナシ?
・《週末婚経験者の本音とは?》

週末婚ってどんなスタイル?

1999年、内館牧子脚本のTVドラマ「週末婚」で広く認知されるようになった新しい夫婦の結婚スタイル。
何らかの事情で週末(休日)のみ会ったり、週末のみ生活をともにする夫婦のことを指します。

昨今では、夫婦共働きの家庭が一般的になったこともあり、平日はお互い自分の生活を、週末は夫婦でいわゆる"結婚生活"を過ごす週末婚のスタイルを選択する夫婦が増えてきているんです。

働く女性におすすめ!週末婚のメリットとは

社会的キャリアを確立してから結婚に至った夫婦(特に妻)の場合、結婚をしたことで今までの仕事が制限されたり、生活リズムが乱れることがネックになるもの。

結婚後も全力で仕事を続けたい!

そんな女性には、平日思いっきり仕事に打ち込み、週末は甘い結婚生活を楽しむ♡
というメリハリを持てることが、週末婚のメリットなんです。

▼週末婚のメリット【1】いつまでも恋人同士の新鮮さが続く

結婚生活が長くなると、相手が「家族」になってしまって、異性としての魅力を感じなくなる…なんてよく耳にしますよね。

しかし!

週末婚の場合は、平日に自分の時間をたっぷり堪能できるからこそ、週末に会える時には常に新鮮な気持ちで接することができます。

▼週末婚のメリット【2】お互いが仕事に没頭できる

今まで仕事に没頭しキャリアを積んできた人にとって、仕事と家事の両立は至難の業。
大好きな仕事を犠牲にしなければいけない…なんてこともザラです。

しかし週末婚なら、平日は相手に構わず仕事中心の生活を送ることができます。
まさに、自分らしさを追及した生き方が実現するというわけです。

▼週末婚のメリット【3】過剰な依存心を防げる

大好きな人が傍にいるからこそ、相手の行動が気になり、知らず知らず過剰な束縛をしてしまうことがあります。

週末婚は、良い意味で相手の行動を監視しなくて済む状況になるので、お互いノンストレスで生活を送ることができるのです。

相手に依存せず、我が道を真っ直ぐ進みたい夫婦には最適な環境ですよね。

離婚のリスクが大きくなる?週末婚のデメリットとは

ですが一方では、週末婚が離婚に繋がりやすいと言われることも。

自立している夫婦に多い週末婚。

メリットがある反面、自立している夫婦だからこそ陥ってしまうデメリットにも着目しておきましょう。

▼週末婚のデメリット【1】無駄が多い

従来の結婚であれば、夫婦が同じ家で一緒に暮らすことが一般的です。

二人一緒に生活をすれば、経済的、時間的な無駄を減らすということが可能ですが、週末婚となるとそのメリットがありません。

お互いが仕事に没頭できるのは良いですが、貯金をしていきたい夫婦にとっては±0ということも…。

▼週末婚のデメリット【2】コミュニケーション不足になる

日々の出来事やちょっとした相談事が、リアルタイムではできないということがあります。

もちろん、週末にまとめてたくさん会話をすれば…ということもありますが、そんな日々が続くと、お互いに「一から説明するのが面倒…」と思ってしまったり、週末に会う前に解決してしまい話題にすらならないということもあります。

日々の小さな積み重ねがあってこそ、夫婦の絆は深まっていくもの。
そんなコミュニケーションがとれないことは大きなデメリットと言えるでしょう。

▼週末婚のデメリット【3】お互いの自由さが不安要素になることも

お互いに干渉をされたくない夫婦にとっては、週末婚のメリットである「自由さ」。
しかし言い方を変えれば、自由であるがゆえに、何をしても相手にバレないということ。

これが悪い方に働いてしまうと、仕事と称してギャンブルにハマってしまったり、浮気をしてしまうという恐れも…。

自由を容認する環境を作ってしまったことで、不安が募っていく…という状況にもなり兼ねません。

子供がいても週末婚、この選択はアリ?ナシ?

平日は母親と一緒に暮らし、週末になると父親も踏まえて家族団欒を楽しむ…といった子連れ週末婚のパターンもあります。

これについては賛否評論で「どのような事情があるにしろ、家族は一緒に暮らすべきだ!」とする声も「働くママにとって旦那も子供の面倒も見るのは負担が大きすぎる!」といった声もあるのが現状です。

ただ一つ大事にしたいのが、『子供がどう望んでいるか』ということ。

やはり周りの友達とは違う家庭のスタイルで、不安や悲しさもあることでしょう。
一生懸命働く両親を目の前にして、そんな不安を口に出せず、気を使って心の中に抱え込む子供も多いようです。

どちらの選択にしろ、子供の気持ちを第一に考え最適な生活を送れるよう配慮したいものです。

《週末婚経験者の本音とは?》

■ずっと大阪と京都の遠距離恋愛だったのと、結婚しても私が仕事を絶対に辞めたくない!と主張したので、二人で話し合った結果、2年ほど週末婚をしていました。
元々いつでも会える環境ではなかったので、寂しいという感覚はなく、むしろ会う度に「もう恋人じゃなく夫婦なんだなぁ」と、何だかドキドキしていました(笑)


■二人で決めた週末婚なので、お互いに不満はないのですが、やはり周りからは「本当に愛しているの?」「偽造結婚じゃないの?」などとからかわれるのがちょっと辛いです…。


■週末婚のメリットは、やはりお互い仕事を続けられる事です。
無理にあわせてやりたくない仕事にかえなくてもいい。
また、相手を気にせず自分たちの実家へふらっと帰ることができます(笑)
一緒に住んでいると、一緒に帰省しないと、とか今回は一人でもしょうがないとかいろいろ考えますがこの心配はありません。適当に実家へ顔をみせられます。


■私が週末婚で感じたメリットは、
・仕事をやめなくてよい
・平日は自分のことだけでいいので仕事に集中できる
・マメに連絡を取り合ったり、お互い会うための労力や時間を惜しまなかったのが、逆に二人の絆を強くした
デメリットは、
・結婚したのに一緒にいられない、独身生活の延長上で家族をつくったという実感がわきにくい
・さびしいときや、相手に連絡が取れないときは不安になる、ちょっとした言葉の行き違いや誤解からけんかに派生することもあり、そんなときは目の前に相手がいないというもどかしさを強く感じる
・通信費や会うための旅費がかさむ
というところでしょうか。

本記事は、2016年11月29日公開時点の情報です。
情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

関連するキーワード

あなたにおすすめ

FOLLOW US!

公式SNSでWedding ParkやWedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!

SEARCH記事検索

FOLLOW US最新情報を配信中