結婚資金っていくら必要?リアルな結婚費用を徹底解明!

将来の為に結婚資金を貯めているというカップルも多いのでは?
でも実際、結婚にかかる費用って一体いくらなのでしょうか。
本当に必要な結婚費用の内訳を知って、しっかりとした目標設定をしたいものですよね。
そこで、今すぐ知っておきたい結婚費用の平均から節約方法までを徹底的に解説します!

2016.10.17 更新

---Contents--- ・結婚にかかる費用の平均内訳 ・結婚資金は最低300万円? ・費用負担の割合 ・費用分担のポイント ・結婚費用の節約方法 ・結婚資金は「予備金」という認識を! ・結婚を憧れで終わらせない!計画的な貯金を心掛けましょう

結婚にかかる費用の平均内訳

漠然と「結婚費用」と言っても、一体何にお金がかかるの? その内訳を知らずして、お金は貯められません! = 結婚費用の平均内訳 = ①婚約 結納…約17万円 顔合わせ食事会…約6万円 ②指輪 婚約指輪…約33万円 結婚指輪…24万円 ③結婚式・披露宴 …約300万円 ④新婚旅行 旅費…約60万円 お土産代…約10万円 平均合計額:約450万円 結納の有無や結婚式の規模、新婚旅行先によって変動はあるものの、 婚約~新婚旅行に至るまでにかかる費用はこのような結果に。 引越しする場合は、さらに追加費用が必要となります。

結婚資金は最低300万円?

え、450万円も貯めなきゃいけないの…!? いいえ、そんなことはありません。 もちろん、貯金額が多ければ多いほど良いですが、結婚式・披露宴では 両親からの援助やご祝儀でまかなえる部分もあるのが実情。 その想定額を差し引いて、結婚資金として貯めたい金額は… 300万円! (二人で貯めるとなると一人あたり150万円ということになりますね!) 実際、結婚前のカップルにリサーチした結果でも、結婚資金としての 貯金が250万円~350万円というカップルが全体の約1/4を占めました。 もし両親からの援助も期待できず資金が足りないという場合には、 ブライダルローン(ウェディングローン)を使う手もあります。

費用負担の割合

男性と女性での、費用の負担割合も気になるところ。 = 結婚費用の負担パターン = 1位・男性と女性で折半 2位・男性が多めに負担 3位・女性が多めに負担 一番多いパターンは、男性と女性で折半という結果でした。 やはり二人の結婚式なので、当たり前と言えば当たり前ですよね。 次いで多いのが、男性が多めに負担するというパターン。 二人の収入に差がある場合、収入額の高い男性が多めに負担する というカップルも見受けられるようです。

費用分担のポイント

男性と女性での費用負担の他、親からの援助の有無も踏まえて 費用の分担を考えましょう。 全体でかかる費用から平等に分担するのも良いですし、例えば 婚約時にかかる費用と婚約指輪は男性が負担し、その他の費用を 男性・女性・親からの援助で賄うというやり方もあります。 どのような形にしろ、二人(場合によっては両家の親)でしっかり 将来の生活設計を話し合い、計画的に準備することが大切! また親の援助を受ける場合は、親の意見に従わざるを得なくなる 可能性もあることを事前に覚悟しておきましょうね!

結婚費用の節約方法

とっても高額な結婚費用…。 そこでポイントとなってくるのが ・貯金を成功させるコツ ・出費を抑えるコツ この2つを熟知するに限ります! まずは、一番出費の大きい結婚式・披露宴を見直してみましょう。 始めから、結婚式・披露宴の全体にかかる見積もりをチェックし、 削れる部分を確認します。 お金をかけたい部分は一体どこなのか? を決め、その部分以外はできるだけ手作りするようにします。 外部に依頼をせず、手作り! これが一番の節約になり、また思い出深い結婚式になるものですよ♡

結婚資金は「予備金」という認識を!

結婚資金を貯める上で、しっかり考えておきたいこと。 それは、結婚をする上での出費は、新婚旅行で終了! というわけではないということ。 もちろん「結婚費用」では新婚旅行までにかかるお金を ご紹介しましたが、本当に大切なのは… これからの結婚生活! 結婚生活は、この先ずーっと続くもの。 将来出産を希望しているなら、更に貯金をしていかなくては いけないということをお忘れなく。 『結婚資金300万円』は、これから始まる結婚生活(貯金生活) の練習、といった気持ちで挑むと良いかもしれません。

結婚を憧れで終わらせない!計画的な貯金を心掛けましょう

女性の皆さんは特に、結婚に憧れを抱いている人が多いと思います。 もちろん、大好きな相手と生涯を共にするなんて、こんなに素敵な 約束はありませんよね♡ が、しかし。 思い描いた結婚式を完璧に執り行いたい!VIPな新婚旅行をしたい! と考えるなら、大事なのが「結婚資金」という愛の貯金です。 リアルな結婚費用を聞くと、大変だなぁ…不安だなぁ… と思ってしまうかもしれませんが、大丈夫。 二人で一つの目標を持って取り組むことこそ、結婚までの第一歩。 一生懸命貯めたお金で憧れの結婚式となれば、感動も一入ですよ♡ これまでの内容を参考に、パートナーと二人で 素敵な結婚プランを考えてみてくださいね!

本記事は、2016年10月17日公開時点の情報です。情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

結婚資金っていくら必要?リアルな結婚費用を徹底解明!

FOLLOW US!

公式SNSではWedding Parkや
Wedding Park Magazineのおすすめ情報を配信中!

PICK UP編集部おすすめ記事

RANKING注目記事

  1. 正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

    正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

  2. 【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

    【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

  3. 倦怠期が来る時期とは?カップルで乗り越えるための方法

    倦怠期が来る時期とは?カップルで乗り越えるための方法

  4. 失敗しない!上手な香水の付け方をマスターしよう♡

    失敗しない!上手な香水の付け方をマスターしよう♡

  5. ”吊り橋効果”のウソ・ホント!実はこんなところ恋愛テクニックが!?

    ”吊り橋効果”のウソ・ホント!実はこんなところ恋愛テクニックが!?

FOLLOW US公式SNS