挙式・披露宴

march.2018「こんなのはじめて!」アットホームなTRUNK挙式♡

準備期間10ヶ月
emicouture
emicouture2018.06.27更新
会場
TRUNK(HOTEL)
開催日
2018.03 開催
  1. 10ヶ月前結婚指輪
  2. 8ヶ月前会場決定
  3. 7ヶ月前前撮り
  4. 6ヶ月前招待状
  5. 5ヶ月前ウエディングドレス
  6. 4ヶ月前ヘッドドレス・アクセ
  7. 3ヶ月前リングピロー
  8. 3ヶ月前料理・ドリンクメニュー
  9. 1ヶ月前前撮り
  10. 当日挙式・披露宴
  1. 結婚指輪

    • emicoutureさんの結婚指輪の写真

    振り返ってみると結婚指輪に求める条件は、
    (1)背伸びをしない手の届くお値段
    (2)しっかりとしたアフターケア
    (3)シンプルで華奢なデザイン
    でした。

    初めに、cartier、tiffany、chanelと勉強。
    その後、少しずつ好きなブランドや国内ブランドへと幅を広げ、希望条件を元に最後まで残っていた候補は4つ。

    -----------------------------------
    ■候補1
    cartier / classicweddingband

    ・婚約指輪とブランドを合わせて!
    ・シンプルな王道デザイン
    -----------------------------------
    ■候補2
    ahkah / honestyring

    ・昔から憧れていたリングだったこと
    ・サイドの刻印のチラ見えが可愛い
    -----------------------------------
    ◆候補3
    hamri / ハンドメイドリング

    ・希望通りのデザインにできる
    ・思い出深いリングになる(製作中ムービーをいただける)
    -----------------------------------
    ◆候補4
    4℃ / angelsring

    ・最高に好みのデザインのリングがあったこと
    ・安心の生涯保証
    -----------------------------------

    最初は海外ブランドだけで検討しておりましたが、どのブランドもずっしり感が強く、希望の華奢なタイプを見つけることができませんでした。

    また、昔から憧れていたブランド、それに近いデザインでフルオーダー出来るアトリエは、全国的に店舗が少なく、保証が心配で踏み切れず・・・

    そんな時に出会ったのが、国内ブランド最大手の4℃でした。

    今まで見向きもしなかった国内ブランドでしたが、日本人の華奢な手に似合う細身デザインが多く、海外ブランドと比にならないほどの安心保証に心惹かれました。実際に試着をしてみると、4℃のangelsringのデザインの可愛さ・フィット感・しっくり感がパーフェクトでした。指輪をつけなれない夫も、細身の指輪にしっくりきたようで、夫婦揃って「これだ!」となり結婚指輪探しを終えることができました。

    #結婚指輪探し#結婚指輪#マリッジリング#結婚式準備#cartier#カルティエ#4°C#AHKAH#アーカー
  2. 会場決定

    TRUNK(HOTEL)
    • ホテルウエディング
    • 青山・表参道・渋谷(東京都)

    明るく、陽がたっぷり入り、温かみのあるチャペル&バンケットを探していた時に見つけたのがtrunk(hotel)でした。

    当初の希望を大きくまとめると、
    (1)アットホームな式が出来ること
    (2)チャペルやバンケットに外からの光が入り明るい雰囲気であること
    (3)今まで見たことのないような式場の雰囲気・演出ができること
    でした。
    夫が賛同してくれたこともあり、この3つの希望を元に式場を探し始めました。

    まずは式場探しの入門ともいえる1冊のウェディング誌を購入し、夫と個別でチェックしました。そこで二人ともが気になった式場のブライダルフェアに行こう!というスタイルで式場探しを始めたのです。そしてその1件目の式場であり、後に契約まで進んだのがtrunk(hotel)でした。

    私達が式場探しをしていた頃trunk(hotel)はopenしたばかりだったこともあり、雑誌にはチャペルのイメージ写真しか掲載されておりませんでした。その写真とは大分異なっており少しだけ動揺しましたが(森の中にチャペルがある写真でした 笑)、都会にあるとは思えないような木調&ガラス張りのチャペルとその周りの木々、温かみのあるバンケットの印象が素敵だったこと、また人気の式場だった為、既に1年近く先の予約が埋まりかけていたこともあり即日この式場を契約することになりました。

  3. 前撮り

    • emicoutureさんの前撮りの写真
    • emicoutureさんの前撮りの写真
    • emicoutureさんの前撮りの写真

    挙式当日には残せないような写真を残したかったこと、挙式に流すムービー等に前撮り写真を使用したかったこともあり、結婚式が決まったころから前撮りしたい気持ちがありました。

    どんなところでどんな写真を撮ってもらおうか考え始め、まず候補として上がったのがこの3点でした。
    (1) 都内のお洒落なフォトスタジオ
    (2) お値段お手頃タイプのスタジオ
    (3) 思い出に残る場所でロケーションフォト

    後に(3)の案が通ることになるのですが、結婚式を通して節約を心掛けていた私達にはハードルが高く、初めは(1)(2)が有力でした。

    そんな時、instagramで京都のフォトスタジオ"umore wedding"で撮影してもらったという写真を見て一目ぼれ。旅費込の撮影費用を計算&素敵な写真を集め夫にプレゼンすると、まさかのok!すぐさまスタジオへ連絡し、予約を取りました。

    umore weddingさんは、8月に問合せをして12月の希望日が取れる程の人気スタジオでした。

    撮影日前日は前乗りで京都観光し、次の日に撮影していただきました。
    運悪く風邪で発熱しながらの撮影となりましたが(笑)、撮影中は体調の悪さも忘れるくらい充実した時間となりました。

    撮影用の小物はあまり用意せず、自然体ショット多めで撮影していただきました。

    #UMOREWEDDING#前撮り#京都前撮り#祇園#結婚式準備#和装前撮り#色打掛#白無垢
  4. 招待状

    • emicoutureさんの招待状の写真
    • emicoutureさんの招待状の写真
    • emicoutureさんの招待状の写真

    まず2つの会社からサンプルを取り寄せました。席札セット等のお得なサービスがあったことや好みに近いデザインがあったこともありそこでお願いする予定でした。しかし、オーダー直前までinstagramをチェックしていたところ、ふわっとした優しい水彩デザインに一目ぼれしaisu weddingさんのサンプルを取り寄せすることに。

    実際に届いたサンプルが最高に可愛かったことは勿論、柔らかくほっこりする招待状の文面、ショップスタッフさんの温かく心のこもった対応、二人だけの素敵なイニシャルロゴを作成してくださること。沢山の素敵ポイントが重なり、aisu weddingさんにお願いすることにしました。お渡しするのが年末年始に近かったこともあり、郵送する方には12月、手渡しする親族には1月の文面と2種類作成いただくなど、アットホームなショップならではの柔軟なご対応をいただけたことも高ポイントでした。

    タイムライン、付箋は招待状デザインに合わせてdiyしました。
    タイムラインは今まで出席した結婚式では同封されていたことがなかったことや、遠方からのゲストが多かったこともあり少しでも当日のスケジュールを把握できるようにと作成することに。

    付箋の裏面にはaisu weddingさんで作成いただいたオリジナルのイニシャルロゴをもとにオーダーしたスタンプを押して、統一感を高めました。

    #招待状DIY#招待状#招待状タイムライン#招待状付箋#結婚式準備#AISUWEDDING
  5. ウエディングドレス

    • emicoutureさんのウエディングドレスの写真
    • emicoutureさんのウエディングドレスの写真

    提携ショップの中からmirror mirror表参道店、galleria collection、sphere of happinessの3店舗試着に回ったのですが、かわいい♡とは思いながらも 絶対にこのドレスがいい!といった決定打になるドレスと出会うことができずにいました。

    そんな時、神田沙也加さんが結婚式に着用されたaustin scarlettのameriaに一目ぼれ。すぐに提携ショップに連絡しました。しかしながら、神田沙也加さん効果でずっと先まで予約がいっぱいとのことでした。諦めることができず、先月オープンしたばかりだったmirror mirror丸の内店へ連絡しました。そして、ラッキーなことに連絡した3日後に試着をさせていただくことができました。

    袖を通してみると、今までのドレスとは比較することができないほどのしっくり感とドレスの可愛さに、運命の一着に出会うってこういうことだったんだ!と心が躍りました。

    ただ、ブラッシュピンクというほんのりピンクがかった色味だった為、念のため、夫のお義母様に問題ないか確認しokをいただき、trunk卒花さん情報でチャペルの中ではドレスがより白っぽく見えることが分かったので、ameriaにてドレス迷子期間を終了させることができました。

    結果的に、光の当たり具合でアイボリー・ブラッシュピンクと色の感じ方が変わるドレスを選んだことで、光がたっぷり入るチャペルと ドレスに光が当たりにくいバンケットでドレスの印象が変わることも◎でした♡

    #ウェディングドレス#ウェディングドレス選び#ウェディングドレス試着#ウェディングドレス迷子#ドレス迷子#Ameria#AustinScarlett#オースティンスカーレット#アメリア
  6. ヘッドドレス・アクセ

    • emicoutureさんのヘッドドレス・アクセの写真


    初めてのdiyは小枝アクセサリーでした!

    難しそう...と思いながら始めたdiyでしたが、一度始めると楽しく、こだわりも増えていき、何度もビーズを買い足し完成させました。

    ほとんどのパーツはユザワヤで集めました。キラキラ感を重視していた為、ビーズはスワロフスキー社のもの、繊細さを出すためワイヤーは2.8mmのゴールドを使用しています。

    #小枝アクセサリー#ヘッドアクセ#ヘアアレンジ#ブライダルヘア#結婚式diy#DIY#diy花嫁
  7. リングピロー

    • emicoutureさんのリングピローの写真

    結婚式準備を始めたころ、お義母さんから作ろうか?とお声がけいただいたのですが、迷惑じゃないかな?大変じゃないかな?と新郎に相談しているうちに新郎が断ってしまい自分達で準備することに。

    後々、言葉少なめで情報伝達が苦手な夫から詳しく聞くと、お義母さんも準備に参加したい気持ちがあるのでは?ということがわかり、急いで是が非でもお願いしたいと伝えました。

    式も迫ってきている時期にも関わらずご快諾いただいたので、希望に近いデザインの写真を集め、お義母さんにお任せで作っていただけることになりました。

    結婚式準備期間は時間に追われ、夫婦間でもコミュニケーションが取りづらかったり情報共有が上手くできないところも出てきますが、大事なところは改めてきちんと話合いをしないとダメだな~と考えるきっかけになった出来事でした。

    #リングピロー#リングピローdiy#結婚式準備#結婚指輪
  8. 料理・ドリンクメニュー

    • emicoutureさんの料理・ドリンクメニューの写真
    • emicoutureさんの料理・ドリンクメニューの写真
    • emicoutureさんの料理・ドリンクメニューの写真
    • emicoutureさんの料理・ドリンクメニューの写真

    試食会には夫婦で参加し2コースをいただきました。

    trunk(hotel)のお食事メニューは、季節感や美しさを取り入れたフレンチの進化スタイル「東京food」をもとに赤・白・黄・緑をテーマカラーとしてメニューが構成されています。赤をテーマにした"shinku"、白は"junpaku"、黄"yamabuki"、緑"wakakusa"。

    その中から、ブライダルフェアで試食したことのあったwakakusa・卒花さんに好評だったyamabukiをいただきました。

    wakakusaは食材の美味しさが引き立つコースでした。お野菜一つとっても瑞々しく、お魚やお肉を引き立てるシンプルな味付けで、食材の甘味やほろ苦さが高齢の方にも好評だろうな!という印象でした。

    yamabukiはチーズ・いくら・雲丹といったインパクト強めの食材が多く使われていて、若者受け抜群♪といった印象の強いコースでした。雲丹×黒毛和牛の高級感と美味しさは一際目立っていました。

    オプションのお茶漬け、ケーキバイキングをいただけたのも◎

    #試食会#結婚式コース料理#結婚式試食会#コース料理
  9. 前撮り

    • emicoutureさんの前撮りの写真
    • emicoutureさんの前撮りの写真
    • emicoutureさんの前撮りの写真
    • emicoutureさんの前撮りの写真

    素敵なご縁をいただき "mint" さんにロケーション撮影をしていただけることに! すでに京都で和装前撮りをしていたので、私服&思い出深い場所でお願いしました。

    撮影時に着用したニットは、リンクコーデ感を出すため&バレンタイン直前だったこともあり、普段選ばないピンクのものをお揃いで購入しました。

    また、この日はお天気に恵まれ、カメラマンさんも空がきれいで雲が印象的と何度も仰っていました。実際に撮影いただいたお写真も、空と雲が映えた柔らかい雰囲気のものが多くて最高の思い出になりました。

    私服撮影は和装と比較すると、抱っこをしてもらったものや、高くジャンプしたものなど抜群にカジュアルなポーズでの撮影が楽しめるのでオープニングムービーに使用するのに重宝しました。

    夫は昔からこういった雰囲気のお写真を撮るタイプではなかったようで、この日の写真をふんだんに使ったオープニングムービー再生中は、バンケット外で待機していた私達に届く程 会場が大きな笑い声に包まれて最高の盛り上りの中入場することができました。

    #前撮り#前撮り写真#結婚式前撮り#結婚式準備#MINT#ロケーションフォト#ロケーション前撮り#私服撮影
  10. 挙式・披露宴

    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真
    • emicoutureさんの挙式・披露宴の写真

    march.2018「こんなのはじめて!」アットホームなTRUNK挙式♡

    march 2018 'special day'

    [ 8:00 breakfast ]

    少し余裕をもってtrunkに到着した私達夫婦は、スタッフの方の計らいでtrunk(kitchen)で朝食をいただくところからスタートしました。数時間後に結婚式が始まるとは思えないほどのゆったりとした時間を過ごしたことは、今でも素敵な思い出として心に残っています。

    [ 9:00 hairmake ]

    朝食を終えるとブライズルームへ移動。
    ヘアメイクが始まってからも結婚式当日だという実感が沸かずヘラヘラしている私と、カーテンの外からソワソワした空気を伝えてくる夫との緊張感の差の激しさに思わず笑ってしまいました。
    そして、ヘアメイクが終わると、ここからあっという間の1日が始まるのでした。

    [ 10:15 firstmeet ]

    選んだドレスは知っていましたが、プランナーさんが推してくださったこともありファーストミートを行いました。彼が振り返った瞬間照れて二人で爆笑してしまいましたが、改めて、いいじゃん!と褒めてもらえたのでやってよかったなと思いました。

    [ 11:15 ceremony ]

    当日は例年の3月では考えられない程のぽかぽか日和で、一面ガラス張りのチャペルには柔らかい陽が差し込み、最高のロケーションでの挙式となりました。
    ずっと夢に見ていた父とのバージンロード、大好きな友人の子供にお願いしたリングガール、スムーズに進まなかった誓いのキス、ふわふわと舞うフェザーシャワー。ここまで色々と迷ったこともありましたが、trunk(hotel)の木のチャペルで挙式ができて 色んなことを妥協せずに進めてよかったです!

    [ 11:35 receptionist & bbq ]

    'special day'のテーマの一つが「こんなのはじめて!」で、そのテーマにあわせて行ったのが、trunk(hotel)の中でもmoriの会場でしか催すことのできないbbqでした。後日、いい匂いがすると思ったらbbqがあってびっくりした!美味しかった!お洒落だった!と嬉しい反響をいただき、サプライズは大成功でした。

    [ 12:00 party start! ]

    披露宴にあわせてふわふわポニースタイルへヘアチェンジしました。
    そして2つめの「こんなのはじめて!」として、開会の挨拶を甥っ子にお願いしました。リングガールの時と同様、かわいい!の声が止まらず一気に会場の雰囲気が温まりました。一生懸命な様子に感動し泣いてしまったとの声も♡笑
    その後、大好きな親友からお手紙を読んでもらい、シンプルで可愛いラズベリーケーキへのケーキカット&ファーストバイト、サプライズのサンクスバイトを終え、私は姉弟と腕を組んで、彼は25年来のサッカー友達の御神輿に乗り中座しました。

    [ 13:10 dress change ]

    お色直しにも盛り込んだ「こんなのはじめて!」は、今まで参加した披露宴で経験したことのないルミカライトを使用したドレスの色当てゲームと、そのカラードレスの色でした。今までのピンク系のイメージを裏切りたく(笑)、且つmoriの雰囲気にあった暖色カラーのドレスを着たかったのでハニーイエローのふわふわドレスをオーダーメイドしました。また、ロングヘアからふわふわボブへのヘアチェンジも行いダブルのサプライズ!
    結果、ダブルサプライズは大成功◎ドレスのハニーイエローにもヘアチェンジにも驚いてもらえて大満足でした!

    [ 14:00 letter ]

    泣いて読めなくなってしまうのが嫌だったので、花嫁の手紙の始まりはライトめな内容で。中盤からは もしかしたら泣いてしまうかも…!と思っていたのですが、実際に涙が止まらなくなってしまいました。それに気付きハンカチを持っていた新郎が涙を拭いてくれたのですが、変な拭き方をされ、うっかり笑いながらつっこんでしまい、その様子にゲストも大爆笑でした。笑
    新郎にハンカチを持ってもらうよう指示されましたが、自分で持ち自分のタイミングで涙を拭くことを強くおすすめします(笑)
    その後 両家に手作りのミモザのリースブーケを渡し、義父と新郎の謝辞、甥っ子の閉会の挨拶後、退場しました。
    退場後には、trunk卒花さん満足度no.1!の当日エンドロールムービーを流していただいたのですが、こちらは最上級の仕上がりで今でも何度も何度も繰り返し鑑賞しています!

    [ 14:15 thank you ]

    送賓のプチギフトとしてtrunk(store)のcocoクッキーをお渡ししました。
    引出物やペーパーアイテムは外注したので少しでもtrunk感を出したかったことやクッキーがあまりに美味しかったこと、洋装だったので洋菓子にしたかったことが決定打となりました。

お気に入りのハナレポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。

お気に入りの準備レポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。