挙式

Ever thine. Ever mine. Ever ours.

準備期間1年
たぶらかたぶら
たぶらかたぶら2019.02.09更新
会場
パレスホテル東京(PALACE HOTEL TOKYO)
開催日
2018.11 開催
  1. 1年前会場決定
  2. 11ヶ月前ウエディングドレス
  3. 6ヶ月前オープニングムービー
  4. 6ヶ月前カラードレス
  5. 5ヶ月前ヘッドドレス・アクセ
  6. 5ヶ月前シューズ
  7. 5ヶ月前ウェルカムボード
  8. 4ヶ月前席次表・メニュー表
  9. 3ヶ月前ブーケ・ブートニア
  10. 3ヶ月前装花
  11. 2ヶ月前ヘアメイク
  12. 2ヶ月前料理・ドリンクメニュー
  13. 1ヶ月前ウエディングケーキ
  14. 1ヶ月前演出アイテム
  15. 当日挙式
  1. 会場決定

    パレスホテル東京(PALACE HOTEL TOKYO)
    パレスホテル東京(PALACE HOTEL TOKYO)
    • ホテルウエディング
    • 東京駅・皇居周辺(東京都)

    ホテルリニューアル後、友人とよくパレスホテル東京にあるグランドキッチンで食事をする機会があり、内装やスタッフの方の対応が素晴らしくお気に入りのホテルでした。
    その時から結婚式を挙げるならここ!と決めていたため、
    見学にいき、改めて洗練されたチャペルや大きな窓から緑や光が溢れる披露宴会場を見て確信しました!
    また、遠方から来るゲストや高齢のゲストのことも考え東京駅で皇居に近いという立地も魅力的でした。

  2. ウエディングドレス

    • たぶらかたぶらさんのウエディングドレスの写真
    • たぶらかたぶらさんのウエディングドレスの写真
    • たぶらかたぶらさんのウエディングドレスの写真
    • たぶらかたぶらさんのウエディングドレスの写真

    ドレスはボリュームのあるものを探していたところ、
    先輩花嫁様のインスタグラムでverawangの12709をキレイに着られている写真を拝見し、こんなに素敵なドレスがあるんだと知りました。
    早速、銀座本店に試着に行ったところ、12709のチュールの繊細さやボリューム、レースやくるみボタンなどの上品なデザインの虜になってしまいました。
    こちらのドレスは映画「ブライダル・ウォーズ」でケイトハドソンが着用して有名になったこともあり、通称ケイトハドソンモデルとも言われているようです。
    オーダーしかできないverawangですが映画中でドレスショップの店員さんが
    「veraをあなたの体に合わせるのではなく、あなたがveraに体を合わせるのよ」
    というセリフが衝撃的でした。そこから私のダイエットも本格始動しました(笑)
    12709をキレイに着こなせるようになりたい!と思えるほど一目ぼれしたドレスです。

    #verawang#12709#ケイトハドソンモデル
  3. オープニングムービー

    • たぶらかたぶらさんのオープニングムービーの写真
    • たぶらかたぶらさんのオープニングムービーの写真

    インスタで知り合った花嫁様のご縁で@EnaKakutaさんを知り、一目で彼女のかわいいイラストの虜になりました。
    Enaさんのイラストはスケッチモーションという技法で1分に800枚ほどのイラスト写真を撮って繋げて制作しています。
    私自身もムービーを過去に作成した経験があるため、その労力の大変さは
    真似できない本当にすごいものだと思いました。
    そしてEnaさんには一番ゲストのワクワク感が高まるオープニングをお願いすることにしました。
    オープニングでは結婚までに至るストーリーや私たちを象徴するイラストを描いてもらい、
    ラ・ラ・ランドの曲に合わせて、今でも何回も見返してしまうくらい素敵なムービーを制作していただきました。
    Enaさんは数々の大手企業とコラボして大人心をくすぐる素敵な世界観を作り出すプロフェッショナルです。人柄もとても素晴らしく本当にお願いできてよかったなと思いっています(^^)

    #オープニングムービー#スケッチモーション
  4. カラードレス

    • たぶらかたぶらさんのカラードレスの写真
    • たぶらかたぶらさんのカラードレスの写真
    • たぶらかたぶらさんのカラードレスの写真
    • たぶらかたぶらさんのカラードレスの写真

    当初は一着しかドレスを着る予定はなかったのですが、
    Wedding雑誌の表紙でジェニーパッカムのjoleneを着ているモデルさんを見て、可愛いなと気になっていました。
    パレスホテルの提携ドレス店であるトリートドレッシングで実物を見たとき、子供っぽくなりがちな星のデザインがエレガントでかつ、ビジューやパールがふんだんに使われており、こんなに素敵なドレスがあるんだと、こちらもウェディングドレス同様、一瞬にして恋に落ちたドレスでした。
    参列してくれた女友達はもちろん親族受けもばっちりでした!

    #ジェニーパッカム#jolene#jennypackam#jennypackamjolene
  5. ヘッドドレス・アクセ

    • たぶらかたぶらさんのヘッドドレス・アクセの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘッドドレス・アクセの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘッドドレス・アクセの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘッドドレス・アクセの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘッドドレス・アクセの写真

    アクセサリーはjuliebraidalさんでほぼ揃えました。
    ティアラは結婚式でしかつけることのできない特別なアイテムと考えており、
    マリアエレナのCarinaを選びました。小ぶりのものにしようかと悩みましたが
    ドレスとの相性もばっちりで、自分の好みに振り切って大ぶりのティアラにして正解でした!
    また、お色直しのjoleneではエリザベスバウワーのSakura Dew Dropを。
    大ぶりのクリスタルが揺れる動きやデザインの繊細さがjoleneのイメージにぴったりでした。
    こちらはスピカブラウンさんが試着出張をしてくださり、気になっていたエリザベスバウワーのイヤリングを色々付け比べて決めました!
    そしてとっても悩んだのがveraに合わせるサッシュベルトです。
    どの色を選んでも絶対に可愛いのですが、甘くなりすぎないトープというニュアンスベージュにしました。少しくすみのあるベージュでやわらかい雰囲気の中に大人っぽさもありこの色にして本当によかったと思いました^^
    小物はドレスやヘアとの相性がとても重要なため、
    ヘアメイクリハの時に担当のヘアメイクさんと大きさや色味を相談し、足し算になりすぎないように注意しました。

    #tiara#マリアエレナ#ティアラ#ビジューサッシュベルト
  6. シューズ

    • たぶらかたぶらさんのシューズの写真
    • たぶらかたぶらさんのシューズの写真
    • たぶらかたぶらさんのシューズの写真

    シューズはとても悩みましたが、思い入れのあるスチュワートワイツマンの靴をお色直しで履くことにしました。
    購入したのがほぼ10年前でスワロフスキーが劣化してしまっていたため
    購入元のデパートで修理に出そうと思いましたが、現在ブランドが日本から撤退していることもあり修理不可能と言われてしまいました。
    そこで自分でなんとか出来るのではないかと、スワロフスキーを購入し、ネイリストさんからジェルネイルのキットをお借りして、中心のビジュー部分を自分で修理しました!
    見事輝きを取り戻し、靴専門店で中敷きやクリーニングをしてもらい
    購入時以上に輝きを取り戻した、まさに私にとっての「ガラスの靴」でした。

    #ウェディングシューズ#ガラスの靴
  7. ウェルカムボード

    • たぶらかたぶらさんのウェルカムボードの写真
    • たぶらかたぶらさんのウェルカムボードの写真
    • たぶらかたぶらさんのウェルカムボードの写真
    • たぶらかたぶらさんのウェルカムボードの写真

    ウェルカムスペースでは自分たちの私物を使用したり、妹にウェルカムスボードを作成してもらったりとなるべく身の回りにあるもので自分たちらしさを表現しました。
    その中でも当日着用するドレスを何か形に残したいと言う思いから、
    インスタで知ったデザイナーの@atsuko_at_caさんにドレスの絵をご依頼しました。
    当日着用するドレスどちらかを描いもらうかも非常に悩みましたが、ドレスに負けないくらい
    キラキラに仕上げて頂けるとのことで華やかになりそうなJoleneを描いてもらうことに。
    フルオーダーのためポージングでは手の角度や顔の向き、ドレスも前を見せるか後ろを見せるかなど一つ一つをatsukoさんと相談しながら描き上げてもらいました。
    飾ると皆さんには見えないのですが、いつまでも結婚式当日の気持ちを忘れないよう
    裏面に「2018.11.11 palace hotel tokyo Ever thine. Ever mine. Ever ours.」と入れていただきました。
    SATCが大好きでその中で出てきたちょっと臭いセリフではありますがとても印象的だったため、セリフを拝借させて頂きました!
    日本語訳にすると「あなたは永遠。僕も永遠。いつまでもふたりで。」という意味になります。
    完成した絵はため息が出るほどずっと眺めてられるくらい美しく、
    細部までこだわって描いていただいたおかげでドレスが手元からなくなってもこの絵を見ると当日を思い出せる一生の宝物になりました!

    #ウェディングドレス#イラスト#ウェルカムスペース#jolene
  8. 席次表・メニュー表

    • たぶらかたぶらさんの席次表・メニュー表の写真
    • たぶらかたぶらさんの席次表・メニュー表の写真
    • たぶらかたぶらさんの席次表・メニュー表の写真
    • たぶらかたぶらさんの席次表・メニュー表の写真
    • たぶらかたぶらさんの席次表・メニュー表の写真
    • たぶらかたぶらさんの席次表・メニュー表の写真

    インスタグラムでシノワズリーの素敵なペーパーデザインを拝見し、decorate.the.lifeさんに即依頼しました!
    decorate.the.lifeさんの拠点は福岡でしたが、関東との距離を感じさせないくらいきめ細やかな対応をしてくださり、私の要望一つ一つをくみ取ってくれました。
    フルオーダーだったため、色味もほんのわずかな違いですが一緒に悩み提案していただき、装花のサンプルアップの写真も共有させて頂き、とても満足のいくペーパーアイテムを作り上げることができました。当初は席次表のみでしたが、装花との世界観を統一させたかったため席札やテーブルナンバー・料理をよりおいしく感じていただくため、コンパクトなメニュー表も作成していただきました。
    当日のテーブル装花ともばっちりマッチし会場全体が私好み一色になりました♡

    #ペーパーアイテム#席札#席次表#プロフィールブック#テーブルナンバー
  9. ブーケ・ブートニア

    • たぶらかたぶらさんのブーケ・ブートニアの写真
    • たぶらかたぶらさんのブーケ・ブートニアの写真
    • たぶらかたぶらさんのブーケ・ブートニアの写真
    • たぶらかたぶらさんのブーケ・ブートニアの写真
    • たぶらかたぶらさんのブーケ・ブートニアの写真
    • たぶらかたぶらさんのブーケ・ブートニアの写真
    • たぶらかたぶらさんのブーケ・ブートニアの写真

    フローリストさんとの打ち合わせの際、挙式用ブーケは白×グリーンonlyの洗練された小花で統一することにしました。
    ボリュームのあるお花が好きでしたがドレスがかなりボリュームがあるため、あえて引き算することでドレスに映える雰囲気にしていただくことに。
    私たちは秋の結婚式だったため、大好きな春のお花は難しいかなと考えていたのですが、当日ライラックが入荷したので入れました!とフローリストさんに教えて頂きとてもテンションがあがりました^^
    小さなお花をぎゅっと束ねた素敵なブーケは披露宴退場後こっそり妹にプレゼントしました。
    また、お色直し用ドレスはスレンダードレスに合わせてあえてボリューミーで、こちらも白×グリーンで統一。
    ウェディングドレスというバラのお花がとっても可愛く、こちらはお色直し⇒延長撮影まで持っていました。
    片手でもつのは重かったですが、その分存在感もしっかりあり、女友達からもとても好評でした。

    #weddingbouquet#weddingdress#ブーケ#ホワイトブーケ
  10. 装花

    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真
    • たぶらかたぶらさんの装花の写真

    ゲストとの距離が近い披露宴にしたかったため高砂はソファを希望していました。
    ペーパーアイテム同様、シノワズリーやシャビーシックをテーマにし、フローリストさんのほうで青いシノワズリーテイストの花瓶や小物をお借りして作ってもらうことにしたのですが、
    サンプルアップの時から、好みがドンピシャすぎて装花はとても信頼していました。
    また、ソファ周りはボリュームを出したかったため、ツリーを用意していただき、
    自前でアンティークな小鳥や鳥かごの置物を置いてもらうことにしました。
    当日は想像以上に高砂の装花が素敵でずっとここに座ってたいと思うくらいお花に囲まれ幸せでした。
    最近自分でアルバム作成をするのですが、あらゆるショットで装花が映ってるので、こだわってよかったなと思う部分でした!

    #装花#テーブル装花#高砂装花
  11. ヘアメイク

    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真
    • たぶらかたぶらさんのヘアメイクの写真

    ヘアは1日を左右する大切なお仕度と思っていたので慎重でした。
    そんな中、同じパレス花嫁さんから教えて頂いたmaison.de.rireさんのヘアスタイルが
    とても繊細で動きがあり、まさに自分が求めているものとぴったりでした。
    yuudaiさんはとても優しい方で、プロ意識やヘアスタイルを作り上げることへの情熱がとても伝わってきました。そしてめちゃくちゃオシャレです!
    しっかりこちらの好みやなりたい自分像をカウンセリングをしてもらった後に
    シニヨンを作っていただき、仕上がりをみて即決でした!!
    yuudaiさんは2回ヘアメイクリハがあり、かなり細かく色んなパターンを作って頂きました。
    同時にメイクも担当のrieさんが眉毛の太さをミリ単位で相談にのってくれたり、リップの色味を微調整してくださったりと、ヘアメイクは準備の中でも楽しくて幸せな時間でした。
    こだわりがある方は絶対おすすめです!

    #ヘアメイク#ヘアメイクリハーサル#ヘアメイク持込み#ウェディングヘア
  12. 料理・ドリンクメニュー

    • たぶらかたぶらさんの料理・ドリンクメニューの写真
    • たぶらかたぶらさんの料理・ドリンクメニューの写真
    • たぶらかたぶらさんの料理・ドリンクメニューの写真
    • たぶらかたぶらさんの料理・ドリンクメニューの写真
    • たぶらかたぶらさんの料理・ドリンクメニューの写真

    試食会では3つのコースを食べ比べしました。
    その中でも見た目が特に華やかで味も美味しかったシェフ特性コースを是非参列してもらうみんなに食べてもらいたいと思い選びました。
    余興がない分、歓談時間にゆっくり料理を味わってもらいたいというのもあったので、
    新郎と満場一致でこちらのコースにしました。
    料理のデザイン性はもちろん、お肉提供パフォーマンスや食感など、まさに五感で楽しめる料理でした!
    ゲストにとってお料理も楽しみの一つなので頑張ってよかったなと改めて思いました。

    #コース料理#フレンチ
  13. ウエディングケーキ

    • たぶらかたぶらさんのウエディングケーキの写真
    • たぶらかたぶらさんのウエディングケーキの写真
    • たぶらかたぶらさんのウエディングケーキの写真

    ウェディングケーキはパレスホテルオリジナルのペルルにしました。
    真っ白い純白なケーキに憧れがあったのと、パールの装飾に品がありとってもツボでした!
    そして当初はケーキテーブルのみ装花をする予定でしたが、
    写真を撮った時に、よりドレスとコントラストがつくようにお花を少し入れてもらうことにしました。
    海外ウェディングケーキの画像をピンタレストでたくさん探し、
    理想のケーキ装花にしてもらうことができました!

    #ウェディングケーキ#ケーキ装花#ケーキトッパー
  14. 演出アイテム

    • たぶらかたぶらさんの演出アイテムの写真
    • たぶらかたぶらさんの演出アイテムの写真
    • たぶらかたぶらさんの演出アイテムの写真

    結婚式の満足度を考えたとき、新郎新婦とたくさん話せることは大事だなと数々の結婚式に参列して実感しておりました。
    そこで私たちの式は少人数の結婚式ということもあり、余興という余興は一切なしで
    テーブルラウンドから各ゲストテーブルで少しお話しする時間を設けることにしました。
    ゲストからは「え!座るの?!」と驚かれましたが1卓1卓で過ごす時間は私たちにとってゲストとゆっくりできる最高に楽しいひと時でした。
    ゲストからも斬新でゆっくり話すことができてとっても嬉しかったと言っていただきゲストとの時間を作れて本当によかったと思いました。

    #余興#テーブルラウンド
  15. 挙式

    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真
    • たぶらかたぶらさんの挙式の写真

    Ever thine. Ever mine. Ever ours.

    あっという間の準備期間からの当日を迎え、
    チャペルの扉前に立った瞬間からもう後戻りが出来ない緊張感とワクワクで一杯でした。
    大好きな家族や友達が一斉に集まってくれて、みんなが笑顔で祝福してくれる最高に幸せな1日でした。
    そんな式の準備をする際に軸としたことは「ゲストファースト」でした。
    全体的に年齢層は高めだったため、ゲストがゆっくりできる時間を設けるために思い切って余興はなくし、その分料理を楽しんでもらったり、歓談時間を長く設けることで
    式の中身は本当にシンプルでしたが、それが逆にゲストから大好評でした!

    私の大好きを詰め込んだ式にしてくれた旦那さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
    また、それを共に作り上げてくれたスタッフの方にもたくさんの感謝の気持ちで溢れてました。
    少人数だからこそ一人一人と話せる時間もあり、大好きな場所で大好きな物に囲まれて
    大好きな人たちと過ごせる時間が本当にかけがえのない時間と想い出になりました。

    きっとそれぞれの花嫁さんにとってベストな式の形があるかと思います。
    また、SNSが発達しすぎて沢山の情報や選択肢が溢れてるので禿げそうなくらい悩むことが沢山あると思います。
    それでもきっと答えはみつかるはずなので迷ったら旦那さんや大好きな友人や家族、プロの方に相談してみてください。思い切って卒花嫁さんにDMしてしまうのもありだと思います!
    私は本当にインスタグラムでつながった花嫁様にたくさんアドバイス頂き
    助かることが多かったのでぜひ勇気を出して聞いてみてください^^
    当日は皆さんが言うように本当に一瞬なので緊張もしますがそれも含めて思いっきり楽しんじゃってくださいね!

お気に入りのハナレポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。

お気に入りの準備レポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。