挙式・披露宴

手作りドレスのウェディング

準備期間8ヶ月
らんち
らんち2018.05.08更新
会場
マンダリンアリュール(BRASSグループ)
開催日
2017.10 開催
  1. 8ヶ月前会場決定
  2. 6ヶ月前ウエディングドレス
  3. 5ヶ月前前撮り
  4. 3ヶ月前ウェルカムボード
  5. 1ヶ月以内リングピロー
  6. 当日挙式・披露宴
  1. 会場決定

    マンダリンアリュール(BRASSグループ)
    マンダリンアリュール(BRASSグループ)
    • ゲストハウスウエディング
    • 浜松・浜名湖・掛川・西部(静岡県)

    一組貸し切りのゲストハウスを探していたところ、こちらの会場は駅チカでありながらグリーンも多くてリラックスできる雰囲気があり、そこに惹かれました。光いっぱいのチャペルも天井や柱の装飾が綺麗で、写真映えする空間だったと思います。

  2. ウエディングドレス

    • らんちさんのウエディングドレスの写真
    • らんちさんのウエディングドレスの写真
    • らんちさんのウエディングドレスの写真
    • らんちさんのウエディングドレスの写真
    • らんちさんのウエディングドレスの写真
    • らんちさんのウエディングドレスの写真

    ウェディングドレスとカラードレスは3着とも手作りしました。挙式→シンプルなaライン、披露宴→レトロなワンピース風、お色直し→ミモレ丈の70年代風 にして、それぞれ違った雰囲気になるように作りました。裁縫が趣味でワンピースなどを作ったことがある方なら、手作りにチャレンジするのも素敵だと思います。私は費用を抑えたかったので、3着作ってレンタル1着分の費用にできました。時間はかかるし裁断の行程も大変ですが、旦那さんも手伝ってくれて楽しく作ることができました。

    #手作りウェディングドレス
  3. 前撮り

    • らんちさんの前撮りの写真
    • らんちさんの前撮りの写真
    • らんちさんの前撮りの写真

    前撮りは名古屋で行いました。自分で作ったドレスがどんな風に写るのか心配でしたが、プロのカメラマンが撮った写真はどれも素敵でした。基本的にカメラマンにポーズや立ち位置の指示はお任せしていましたが、希望がある方は事前にしっかり相談しておいた方がいいです。内容によっては希望通りにいかない事もありますので(場所や時間の都合上)、後悔の無いように打ち合わせておくといいと思います。

    #前撮り#手作りウェディングドレス
  4. ウェルカムボード

    • らんちさんのウェルカムボードの写真
    • らんちさんのウェルカムボードの写真

    ウェルカムボードはレゴが好きな新郎が作りました。特にチャペルはゲストの印象にも残ったみたいです。ところどころにフィグ(レゴの人形)を配置して、たくさんの人がお祝いしている賑やかな作品になりました。式後も新居に飾っています。

    #ウェルカムボード手作り#レゴ
  5. リングピロー

    • らんちさんのリングピローの写真
    • らんちさんのリングピローの写真

    リングピローも手作りしました。ドレスを作ったときに余った材料を使いました。リボンはサムシングブルーを取り入れました。角に縫い付けたトルコビーズの飾りが気に入っています。

    #リングピロー#サムシングブルー
  6. 挙式・披露宴

    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真
    • らんちさんの挙式・披露宴の写真

    手作りドレスのウェディング

    当日はあっという間でした。
    まず、式が始まる前に会場の方の好意で家族との対面や集合写真を撮る時間を設けてくださり、少し緊張が解けました。
    キリスト教式だったので、覚える所作が多いと思いましたが、これもリハーサルでスタッフの方が丁寧に教えて下さって本番でも間違えずにできました。退場の時にフルート隊がカノンを演奏してくれたときは感動しました!
    私たちは余興を友人などに依頼していなかったので、挙式後に当たりくじ付きのお菓子撒きをイベントとして設けました。ゲスト参加型なので盛り上がりました。
    その後は披露宴となり、新郎のスピーチのあとに司会者の方から馴れ初めなどのインタビューを受けたのですが、打ち合わせていなかった内容を聞かれて少し焦りました。もちろん、司会者の方もわかった上なので場が和むようちゃんとフォローしてくれました。ちなみに司会者の方は私の手作りドレスをはじめ、二人で作った手作りアイテムを沢山アピールしてくれました。作り手としてはこういう心配りが嬉しかったです。
    乾杯の後はテーブルごとにゲストが挨拶に来てくれて、写真撮影をしていたら直ぐにお色直しになりました。お色直し再入場後は特にイベントはせず、テーブルラウンドだけでしたが色々なゲストと話すことができて良かったです。披露宴終盤の両親へのプレゼントには、赤いバラの花束を贈りました。私の両親は、プリザーブドフラワーにしていまでも飾ってくれています。恒例の花嫁の手紙は読んでいませんが、そのぶんゲストと話したりする時間が多くとれて良かったと私は思います。
    ゲストお見送りの際にはたくさんの方から良い式だったとのお言葉をいただけました。内容をシンプルにした分、式をゆっくり楽しんでもらえたのかなと思います。
    ゲストを見送った後は、サプライズでスタッフの方々から合唱をプレゼントしてもらいました。この会場のスタッフの方は本当にホスト精神があって素敵だと思います。
    実は初めは結婚式を挙げることに反対していたのですが、終わってみると二人の仲も深まって、挙げて良かったと思います。もし迷われている花嫁の方は、式場見学だけでも行ってみてはどうでしょうか。

お気に入りのハナレポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。

お気に入りの準備レポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。