外国人のパートナー、参列者がいる結婚式の注意点や人気のスタイルは?

台湾やアメリカなど違う国籍の人と結婚するカップルの皆さんはどんな結婚式を挙げたいと考えていますか?チャペルやホテルで結婚式を挙げるカップルが多くいます。

最近では紋付袴や白無垢を着る和装婚に憧れる外国の方がおり、神社で結婚式を挙げるカップルも増えてきていますが、日本だけでなく相手の出身国でも結婚式を挙げる必要があるのでしょうか?ここでは外国人に人気の神社での結婚式の魅力と日本で外国人と結婚する時の注意点をまとめました。

日本と相手の出身国、両方結婚式を挙げる必要はある?

日本と相手の出身国、両方結婚式を挙げる必要はある?

外国出身の方と結婚式を挙げる時、お互いの出身国で繰り返し挙げる必要は原則ありません。ただし、どこで挙げるかは両親や兄弟姉妹、親戚などに相談して決める必要はあります。

相手の国で挙げる場合、あなた自身はその国の言語や文化に通じていたとしても親族や友人などはわからない人が多いので、通訳をどうするか、旅費や日程をどうするかなど計画を立てて準備を進めるようにしましょう。

もちろん日本で挙げる場合も同様です。ご祝儀や引き出物、余興と言った日本の結婚式ならではのしきたりやイベントもありますので、外国出身の親族に予め説明してたり、余興をなくしたりするなど配慮することも考えましょう。また、金銭や時間的に余裕のあるカップルは結婚式を日本と相手の国、両方で行ってもかまいません。その際は、時期をずらすなど親族やゲストの負担を考慮しましょう。

日本で外国人と結婚するカップルに人気!神社での結婚式

日本で外国人と結婚するカップルに人気!神社での結婚式

日本で外国人と結婚する場合、結婚式を挙げる式場は主に「ホテル」や「チャペル」、「教会」などで挙げるカップルがいますが、最近では欧米出身の外国人を中心に日本の「和」の文化に憧れる方が多いことことから、「神社」で結婚式を挙げるカップルも増えてきています。

主な理由は日本に訪れる外国人が年々増加して、神社に参拝する機会が多くなった点。東京や京都など日本各地にある神社に行った時、結婚式を挙げるカップルを見て感動した方が多く、神聖な神社で挙げたいという憧れを持つかたもいらっしゃるようです。神社で結婚式を挙げたいと考えているカップルはぜひ検討してみてください。その際、通訳がいるかどうか、さらに相手やその親族、ゲストが信仰する宗教(キリスト教、イスラム教など)に問題がないか確認するようにしましょう。

日本で外国人と結婚する時の注意点とは?

日本で外国人と結婚する時の注意点とは?

日本で外国人と結婚する時、注意しなければいけない点が「どんな形で結婚式を挙げるか?」です。日本のような教会や神社で結婚式を挙げて、別の会場で披露宴を挙げるスタイルとは違い、外国での結婚式は夫婦の信仰宗教に沿った形で行われます。

相手の出身国によって異なりますが、宗教色が強く出ている国もあり、キリスト教やユダヤ教、仏教などを信仰している両親によってはしきたりに沿った結婚式を挙げるようにしなければならない場合もあります。まずはそれぞれの両親に相談して宗教の考えに従った形で結婚式を挙げる必要があるのか確認するようにしましょう。その上で、対応することができる結婚式場を探して、お気に入りの会場を見つけるようにしてください。

外国語対応ができる結婚式場についてもっと詳しく知る

こんにちは、ゲストさん

Clipした式場

お気に入りした式場が0件あります

最近見た式場(履歴)

最近見た式場が0件あります

お気に入りが10件になりました。

11件以上お気に入りしたい場合は、無料の会員登録をしてください。