挙式・披露宴

想いを形に叶えた式

準備期間9ヶ月
mot
mot2019.01.29更新
会場
ホテルコンコルド浜松
開催日
2018.11 開催
  1. 9ヶ月前会場決定
  2. 9ヶ月前プログラム
  3. 6ヶ月前前撮り
  4. 4ヶ月前結婚指輪
  5. 1ヶ月前装花
  6. 当日挙式・披露宴
  1. 会場決定

    ホテルコンコルド浜松
    • ホテルウエディング
    • 浜松・浜名湖・掛川・西部(静岡県)

    プランナーとの相性
    費用面で予算内で収まること
    挙式のスタイル

    大まかにいうとこの3点が決め手でした!

  2. プログラム

    • motさんのプログラムの写真
    • motさんのプログラムの写真
    • motさんのプログラムの写真

    甘いものが苦手だったので、ハナからファーストバイトは興味がなかったことと披露宴の定番なのでケーキは振る舞いたいということからベイクドアラスカをすることにしました。

    アイスケーキに、新郎がブランデーを回しかけて行うものは、もてなしの一貫かつ余興にもなり一石二鳥でした。式の二週間前に、ホテルのシェフに習ってブランデーを回しかける練習を彼がしていたのも今ではいい思い出の一つです。

    友人たちに特別に余興は、頼んでいなかったため新郎新婦発で行えるものとして、個人的に満足しています。見た目にも味にもゲストは楽しんでくれたようです。

    #余興#余興の代わりの演出#ベイクドアラスカ#ケーキ選び#甘いものが苦手#新郎新婦余興#アイスケーキ#オリジナル
  3. 前撮り

    • motさんの前撮りの写真
    • motさんの前撮りの写真
    • motさんの前撮りの写真

    結婚に関わる全ての費用を自分達だけで賄うため前撮りはセルフで行いました。幸いにも新郎がミラーレスを所持していたためカメラはそれを利用しています。

    ロケーションは、GWの旅行を兼ねてバリで行いました。アップした写真はいずれもセルフです。衣装も旅行を決めて、出発するまでの間にお安くお互いで調達したものを着用しています。もちろん、ちゃんとしたドレスやタキシードに夢はありましたが、予算が優先でした。

    ロケーションは、ヴィラが一棟貸切だったのでそこや、ホテルの中を利用して撮っています。格安ですが、オシャレなヴィラだったので、ひとつひとつがオシャレで絵になりました。これは嬉しい誤算でした。

    工夫した点はグッズの準備です。素人が、撮るものなのでもとよりそこまでいい絵は撮れないと高を括り、ならばせめて写真に映えるものを写そうと意気込みました。ガーランドやブーケなど新郎と一緒に、事前に日本で、成形は現地で行ったのも良い思い出です。特に新郎の手先が器用だったので、大いに助かりました。

    #前撮り#セルフ前撮り#バリ島#ブーケ#前撮り小物#花嫁diy#コスパ#一石二鳥#セルフフォト
  4. 結婚指輪

    • motさんの結婚指輪の写真
    • motさんの結婚指輪の写真
    • motさんの結婚指輪の写真

    新郎とは、当初より装飾品からファッションまで好みが合わなかったためすり合わせが大変でした。

    結果的には、オリジナルのオーダーをしています。オーダーに至るまでには、両手に及ぶお店を覗いています。けれど、私がいいと思うものが彼には腑に落ちなかったり、その逆もあったりとなかなか決まりませんでした。

    オーダーの時期としては式ギリギリのラインで、担当の方には無理もあったかと思います。私の希望のひとつとして、母からもらったスイートテン(父が母に結婚10周年で渡したものを、娘に譲ってくれた指輪)と揃えてつけたいということがあったので、オーダーは最適でした。

    こだわりとして、原型は同じ形をとりながら、彼は裏側に細工を入れたり、私はダイヤを配したりと一見同じに見えないけど実は同じ形をしているところが気に入っています。リングの色も好きなものをそれぞれ選ぶことができたのも私たちらしく、お互い納得できた方法だなと思います。

    探しはじめの頃は指輪が、どれも同じに見えましたが、意見が形に変えていく中で愛着がわき今ではとても気に入っています。

    #結婚指輪#オーダーメイド#オリジナル#プラチナ#ゴールド#意見の擦り合わせ#お気に入り#指輪重ね付け#ファーストダイヤモンド
  5. 装花

    • motさんの装花の写真
    • motさんの装花の写真
    • motさんの装花の写真
    • motさんの装花の写真

    お花やさんとの打ち合わせの前に新郎と話し合って、こちらの要望を紙面にまとめました。

    要望に乗せたのは、
    ◎結婚式に求めるテイスト
    ◎使いたい色味 ベースをグリーンとし、差し色にピンクと赤を入れること
    ◎ゲストテーブルには、小瓶を配置すること
    ◎テーマのひとつである鳥を各テーブルに配置すること


    新郎と意見をまとめるのには時間と労力を割きましたが、ここでまとめてあったためお花屋さんとの話し合いは、こちらの思いを十分伝えることができました。

    #ソファ高砂#小瓶#カラーコーディネート#フラワーガーデン#ブーケ
  6. 挙式・披露宴

    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真
    • motさんの挙式・披露宴の写真

    想いを形に叶えた式

    これまでの準備の集大成が形になって本当に当日は楽しいことづくしでした。

    屋外での挙式だったので、天気はキーでしたが一週間前より晴天予想が続き、写真の通り当日を迎えられました。浜松城公園挙式は、人前式にて行ったため適度にフランクにわいわいと賑やかに進みました。

    花嫁衣装は、母の願いである白無垢をチョイスしています。白と紅でまとめた為シンプル過ぎず、また念願の地毛での日本髪も相まって花嫁らしい姿と相成りました。美容室のカルディアさんには、細かいところまでお願いしましたが、想いの通りの形となりました。


    席次表は、新郎の肝いりでこのために揉めることもありましたが、一からオリジナルで作ったため完成してお披露目すること無事できて良かったです。

    披露宴会場は、最上階の立地を生かして空中庭園をテーマにコーディネートをしました。可憐な花と、鳥のオブジェを各テーブルに配したことで結婚式全体のテーマを踏襲できたかと思います。また、一度断られていたにもかかわらず、新婦が好きなラナンキュラスが装花にあったのも当日グッときました!

    演出としては、ベイクドアラスカとフラワーサーブを行なっています。ベイクドアラスカは、見たことのない人も多くいたようで好評でした。フラワーサーブは、お花を一人一人に渡すことで簡単ではありますが言葉を交わすきっかけになり個人的にやって良かったなと思います。

    結婚式にあまり夢を抱いていないタイプの人間でしたが、いざ準備を始めると下調べの中でこんなことやってみたいな!がたくさんありました。やりたいことを実施するにはお金も労力もかかります。その中で私たちは私たちの出来る範囲でやりたいことを叶えることができました!とっても幸せな1日でした。

お気に入りのハナレポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。

お気に入りの準備レポが10件になりました。

さらにお気に入りを追加するには無料の会員登録が必要です。