和風結婚式が選ばれる理由

日本の伝統的な結婚式といえば、神前式や仏前式を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、最近では形式にこだわらず「和」の要素を取り入れた和風結婚式も人気を集めています。

和風結婚式といっても、チャペルでの和装ウェディング、日本の伝統儀式のアレンジなど、演出の仕方は実にさまざま。和洋折衷スタイルの結婚式も新鮮味があってゲストにとって印象深い式になることでしょう。ここでは、和装コーディネート術や和風結婚式のトレンドをご紹介します。

和装にぴったり!はんなり和風美人に変身できるコーディネート

和装にぴったり!はんなり和風美人に変身できるコーディネート

伝統的な和装婚礼衣裳といえば、白無垢や色打掛。特に白無垢は花嫁の清浄さの象徴であり、神前式や仏前式での正装です。しかし、今どきの和風結婚式では白無垢だけでなく、パステル調の色打掛や和ドレスなど花嫁のセンスが活きるモダンなコーディネートにも注目が集まっています。

日本の伝統的な白無垢や色打掛スタイルにオリジナリティを加えるなら、つまみ細工をあしらった洋風ヘアスタイルもおすすめです。つまみ細工とは草花を布で立体的に形作った江戸時代からの伝統工芸であり、高級感や華やかさを演出します。紅色などの鮮やかな色調は日本人の黒髪によく合い、顔まわりをパッと明るくしてくれます。

また、着物の着崩れを防ぎ、帯の結びをキープする役割を持つ飾り紐。結びつきの意味を持ち、古くから縁起が良いとされているだけでなく、工夫次第でワンランク上のチャームポイントになるアイテムです。この飾り紐を髪飾りに加えたり、シックなカラーの帯に合わせたりすると彩り豊かになってオシャレに着飾れます。

ウェディングドレスで挙式をしたあと、お色直しで和装に変身して「和」の雰囲気にガラリと変えるのも、意外性があってゲストへのサプライズになります。洋髪のまま和装に着替えれば、お色直しに時間もそれほどかかりません。色打掛はもちろんのこと、黒の引振袖など、和装の選択肢もさまざまです。

参進の儀などの伝統的演出も取り入れて

参進の儀などの伝統的演出も取り入れて

「和」の要素を取り入れた結婚式なら、伝統と格式が感じられる和の演出を効果的に取り入れるといいでしょう。特に神前式で行われる儀式には、新郎新婦両家を結びつける儀式が多く、ゲストにとっても思い出深い時間を共有することができます。

神社での「参進の儀」や「巫女の舞」
「参進の儀」とは、斎主と巫女の先導により、和傘を差した新郎新婦と両家親族が並んで挙式会場へ向かう花嫁行列の儀式です。雅楽の音色が響く中、和装の新郎新婦が歩を進める姿は荘厳かつ艶やか。印象的なフォトショットも残せます。

また、神社によっては「巫女の舞」を披露するところもあります。巫女の舞は雅楽に乗せて神に奉納する特別な舞です。厳かな式に花を添える思い出深いひとときとなることでしょう。

鏡開き(鏡割り)
ケーキカットならぬ鏡開きも和風結婚式に人気の余興のひとつです。鏡開きは夫婦円満と子孫繁栄のシンボル。両家の名前の入った酒樽を小槌でコーンと打って蓋を開封し、お酒をゲストに振る舞えば和やかな雰囲気になること間違いないでしょう。

こんにちは、ゲストさん

Clipした式場

Clipした式場が0件あります

最近見た式場(履歴)

最近見た式場が0件あります