チャペルウェディング(結婚式)の平均費用(料金・予算)相場は?節約できるコツとは?>

チャペルウェディング(結婚式)の平均費用(料金・予算)相場は?節約できるコツとは?

チャペルウェディングを行いたいと考えている人にとって、気になるのが結婚式にかかる平均費用や相場です。どれくらいの料金がかかるものなのかを知り、自分たちの予算と見合った値段であるかを検討する必要があります。

またチャペルウェディングをする上で、自分たちのこだわりは残しながら節約をするコツがあったら知りたいと感じている人も多いことでしょう。そこでチャペルウェディングの費用や節約のコツについてを見ていきましょう。

チャペルウェディング(結婚式)の平均費用(料金・予算)相場は?

チャペルウェディング(結婚式)の平均費用(料金・予算)相場は?

チャペルウェディングの費用見積りは、挙式のみ実施、披露宴+挙式、人数などそのスタイル、または会場によって差が大きいのが特徴です。挙式+披露宴で、基本的な要素を含めると75万~110万円(30名~70名)の見積りが平均です。この料金には披露宴会場や食事、装飾などの費用も含まれているため、披露宴会場に併設されているチャペルを利用して挙式を行いたい人向けです。(出典  http://www.weddingpark.net/estimate/hint/)

チャペルウェディングでの挙式のみで披露宴やパーティを行わない場合、約5万円から結婚式を挙げることができます。二人だけのひそやかなウェディングや親族のみの小さな結婚式を挙げたいという人にぴったりです。また結婚費用を抑えて新婚旅行や新婚生活のためにお金を使いたい人にもおすすめです。

チャペルウェディングの際、注意したいのはどんな演出を加えるかで料金が大きく変わることです。チャペルウェディングプランなどでは、演出も含めた金額で提示されていることもありますが、チャペルの使用料のほかに自由にオプションで演出や装飾を選べることもあります。

そのためチャペルウェディングのどこにこだわって、どれを省くのかをしっかり相談しておくことが大切です。またプランによっては親族中心の会食や写真撮影がセットになってお得な値段で提示されていることもあるので、演出にこだわりがある方もセットプランを忘れずにチェックしましょう。

チャペルウェディング(結婚式)のかかる料金の内訳は?

チャペルウェディング(結婚式)のかかる料金の内訳は?

チャペルウェディングにかかる料金は、大きく分けると挙式料、装花代、生演奏そして結婚証明書があります。

挙式代は会場によって金額が大きく変わりますが、一般的には5万円~10万円が平均です。キリスト教の教会で行う場合は献金という形でこの費用を納めます。挙式代に結婚証明書が含まれている場合と含まれていない場合がありますので注意しましょう。含まれていない場合、結婚証明書代として3~5千円ほどの料金が必要です。

チャペル装花代は3~5万円ほどが相場のようです。場合によってはこちらも挙式代に含まれていることも。しかし、挙式代に含まれているプランの場合は造花のこともあるため、生花に変更することでほぼ同金額の費用が必要になる可能性があります。

チャペルウェディングの荘厳な雰囲気を演出してくれる生演奏は人数や使用する楽器にもよりますが、2~10万円ほどが相場です。

また、この他に人気の演出としてブーケトスやフラワーシャワー、バブルシャワーがあります。ブーケトスを行う場合は花嫁が持つブーケとは別にブーケを用意するため5千円~1万円ほどかかります。またフラワーシャワーやバブルシャワーは1万円~2万円ほどが平均費用です。これらはサービスとして提供してくれる会場と有料の場合とありますので見積もりの際に忘れず確認をしておきましょう。

チャペルウェディング(結婚式)の節約できるコツとは?

チャペルウェディング(結婚式)の節約できるコツとは?

チャペルウェディングは自由度が高く、自分たちでどのような演出を取り入れるかで大きく料金が変わるのが特徴です。そのため結婚式の費用を節約するためには、演出を省いたり、お得なセットプランを利用するという方法があります。

セットプランを利用する場合、その分自由度が減ってしまうことがあるためオプションでの料金追加が必要になる場合もあります。しかしセットを利用せずに必要な演出だけを取り入れることで最終的にはセットプランよりも安く、納得のいくチャペルウェディングが行えることも。

そこで挙式費用を節約したい人は、まずどのようなウェディングにしたいかのイメージを明確にしましょう。そしてセットプランにオプションを追加した時の料金と、セットプランを利用しない場合の料金を比較しお得な方法を選択することで節約をすることができます。

またチャペルの装飾や装花の手配を式場に依頼するよりも自分たちで飾りつけをしたり、装花を手配した方が節約出来る可能性もあります。その時、持ち込み料金がかかる場合もあるので事前にチェックを行いましょう。

特に結婚式費用を大きく左右する演出は、不要だと思ったもの、なくてもいいと思えるものは思いきって削ることが節約のコツです。そのかわり気に入った演出や装飾にはこだわりましょう。そうすることで節約が実現するだけではなく、いつまでも記憶に残るチャペルウェディングにすることができるでしょう。

【PR】

  • 結婚式ヘアカタログ
  • 結婚挨拶・顔合わせ食事会・結納のダンドリ&マナー

こんにちは、ゲストさん

Clipした式場

Clipした式場が0件あります

最近見た式場(履歴)

最近見た式場が0件あります