花嫁Magazine シアワセをまとう花嫁のための、とびきり旬なWebマガジン

結婚式服装【女性】

【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説
2016年7月11日更新

結婚式に招待されて一番気になるのが「何を着ていくか?」ではないでしょうか。結婚式というフォーマルな場面でのお呼ばれマナーを知らないと当日恥をかいてしまうのでは?と心配する方も多いでしょう。楽しいはずの会が台無しです。心から祝福するためにも正しいマナーをしって参列したいですね。

ここでは、NGマナー、OKマナーをドレスだけでなく、靴、髪型、鞄、アクセサリー、着丈、露出、ストッキング、などの細かい部分まで解説していきます。また、会場別、時間別、シーン別、関係などのTPO別の解説もしていきます。

正しいマナーで結婚式に参列することで、当日大切な方に心から祝福をしてください。

≫結婚式服装お呼ばれマナー(男性編)≫結婚式服装お呼ばれマナー(親族編)

1コレだけは避けた方がいい!結婚式の服装NGマナー -1分で分かる直前チェックポイント-

NG出全身「白」

参照元: 楽天


花嫁と被るので全身「白」でコーディネートするのは控えましょう。白系ドレスの場合は羽織もの等を濃い色に。

NGファー・革製品

参照元: 楽天


ファー素材や動物の革製品は「殺生」をイメージさせるので避けたほうが無難です。

NGチャイナドレス・アオザイ

参照元: 楽天


日本国内における結婚式では、和装、洋装以外のチャイナドレス、アオザイなどは避けましょう。

NGミニ丈・肩出し

参照元: 楽天


ミニ丈・肩出しに関しても、避けたほうが無難です。夜のパーティーではマナー違反ではないですが、元々は昼夜問わず膝下丈がマナーでした。

華やかに装い祝福の気持ちを表現し、会場の雰囲気を盛り上げることは大切ですが、 主役の花嫁の美しさを引き立てることも参列者の務めです。上記以外にも、女性の場合は、 「全身黒っぽい服装」や「リクルートスーツ」なども避けたほうが良いでしょう。

2結婚式の服装に相応しいドレスの種類とマナー

女性のお呼ばれゲストも男性に倣って、結婚式の服装は礼服で出席するのがマナーです。礼服は、正礼装、準礼装、略礼装に分かれます。女性の正礼装はお昼の結婚式の場合は「アフタヌーンドレス」、夕方以降の式の場合は「イブニングドレス」になります。準礼装は、セミ(アフタヌーン)ドレス、タウンフォーマルウエアになります。そして、二次会などカジュアルなパーティーに用いる略礼装は「インフォーマルウエア」が通例です。女性のフォーマルウエアには、パンツスタイルも含まれます。
以下の図では、それぞれの特徴からシチュエーションや式場タイプ別に参考までに分類しました。結婚式の主催者の意向や格の高さ、また自分と相手の関係性などに合わせて判断しましょう。

アフタヌーンドレス

アフタヌーンドレス

参照元: 楽天


アフタヌーンドレスは、女性の昼の正礼装です。上品さが求められるため、光沢のないシンプルなワンピースがおすすめといえます。フォーマルなお式向けの装いです。

イブニングドレス

イブニングドレス

参照元: 楽天


イブニングドレスは、女性の夜の正礼装です。胸元や背中が大きく開いたデザインが特徴であり、色合いも鮮やかなものが好まれます。照明を受けてキラキラ輝くラメやサテン素材もおすすめ。

セミアフタヌーンドレス

セミアフタヌーンドレス

参照元: 楽天


セミアフタヌーンドレスは、女性の昼の準礼装です。アフタヌーンドレスと同じく光沢のないデザインをベースにしますが、準礼装のセミドレスは流行や個性を取り入れることができます。

カクテルドレス

カクテルドレス

参照元: Amazon


カクテルドレスは、イブニングドレスを簡略化したものです。袖のないワンピースタイプが一般的ですが、ツーピースでもかまいません。日没から午後8時頃までのカジュアルなお式に向いています。

インフォーマルウェア

インフォーマルウェア

参照元: 楽天


インフォーマルウェアは、女性の略礼装にあたります。ドレッシーなワンピースに上着(ボレロなど)をあわせたスタイルが一般的。「平服で着てね」と言われた時の装いです。

和装

和装

参照元: 楽天


和装も、女性のフォーマルな装いのひとつ。未婚女性なら振袖が正礼装となります。ただし、式の主役はあくまで新郎新婦です。振袖を着る場合は、控えめな色合いを選びましょう。

3結婚式の服装に合わせる髪型は?

結婚式の服装に合わせる髪型も、祝福の場に相応しい華やかなアレンジにしたいところ。最低限のマナーを守った上で、結婚式服装のドレスに合わせて、きちんとしたヘアスタイルを決めましょう。結婚式の髪型・スタイルには大きく「アップスタイル」「ハーフアップスタイル」「ダウンスタイル」があります。フォーマルな場であれば、「アップスタイル」のアレンジがおすすめです。ニ次会から参加であれば「ダウンスタイル」でも良いでしょう。ただその場合もルーズになり過ぎないように注意が必要です。



アップ

参照元: 楽天

髪をアップにすることで上品なイメージに。髪色をおさえる事で清楚感アップ

ハーフアップ

参照元: 楽天

ハーフアップスタイルに編み込みを加えてキュートな仕上がりに。カジュアルなお式向け

結婚式髪型【お呼ばれ・ゲスト】のヘアアレンジ集

4結婚式の服装にNGのアクセサリーとオススメのアクセサリー

女性の結婚式服装マナーの中でも、特に曖昧なのが小物やアクセサリー。シーンやシチュエーションによってマナーも変わるので、混乱する方も多いのではないでしょうか。その中で、まずはコレだけは押さえておきたい、NGポイントを紹介します。

  • ■NGポイント
  • 1花嫁と被るもの(花などがモチーフの大きめのもの、キラキラのティアラなど)
  • 2腕時計(時間を気にすることは良くないとされています)
  • 3素材や使い道が“季節外れ”のアクセサリーもの
  • 4普段から使っているアクセサリー(カジュアルな髪留めなど)

  • ■NGではないものの、気をつける必要があるもの
  • 1 光り物:お昼のパーティーは反射するので控えた方が無難です。
  • 2 イミテーションアクセサリー:特にNGではありません。服装に合わせて使い分けましょう。
  • 3 “揺れる”アクセサリー:大きいものや目立つものを避ければ、良いでしょう
  • 4 ブラックパール:葬式のイメージがあるようですが、元々マナー違反ではありません。

  • ■使い勝手が良く、活用をオススメできるもの。
  • 1 パールのアクセサリー(どんなドレスにも似合い、フォーマル活用もOK)
  • 2 シルバーでシックのアクセサリー(統一感を出しやすく、使い勝手も◎)
  • 3 ゴールドのアクセサリー(1点取り入れるなど、シンプル使いにすれば光り物でOK)

マナーや細かいルールがないので、悩むところではありますが、基本的には「派手すぎない」「会場や周りとのバランスを考える」ことが大切です。不安が残るようであれば、一緒に参列する友人の方と話し合ってから望むことが良いでしょう。

パールネックレス

参照元: 楽天

定番のパールのネックレス。おめでたいことが重なるよう、二重・三重のネックレスもOK

シルバー&パールイヤリング

参照元: 楽天

シルバーとパールをあわせたイヤリング。横顔を華やかにしたい時に

5結婚式の服装に合うネイル

ドレスや髪型が決まったら忘れちゃいけないのが、“ネイル“。昔は「水商売のもの」というイメージもあり、ネイルはしないことがマナーでしたが、現代はイメージも変わり、ゲストには華やかな場に相応しいネイルが求められています。もちろん、関係性やシーンによっても変わってくるので、まずは避けた方が良いNGポイントとおすすめポイントを踏まえた上で、それぞれ格の違いで分けて紹介します。

  • ■NGネイル
  • ・親族として出席する場合はそもそもネイルをしないようにしましょう。招待した側・ホスト側として控えめにいることがマナーです。
  • ・派手なデザイン・赤や濃いピンク・ラインストーンの多用
  • ・黒や紺塗りの一色のデザイン
  • ・爪が長すぎるデザイン
  • ・花嫁に被るデザイン。白地に花やリボンのラインストーンなど

  • ■おすすめネイル
  • ・シンプルなデザインにラメやパールを取り入れたもの
  • ・淡いオレンジやピンクの華やかなカラー
  • ・ベージュ・クリアのドレスに合わせやすいカラー

上品で清楚なデザインで、花嫁さんに被らないようも気をつけることがポイントです。また、時間がなく、やってもらう時間も自分でやる時間も取れないというときには“ウェディングネイルチップ”を付ける方も増えています。マナーを守った上で、会に華を添えるネイルを心掛けましょう。


ベージュベース+ラインアート

参照元: 楽天

ベージュ系のベースにシンプルなラインアートを添えて。フォーマルなお式向け

中指のみビジュー

参照元: 楽天

中指のみビジューアートをあしらったシンプルなネイル。フォーマルなお式向け

春向けネイル

参照元: 楽天

セミフォーマルなネイルなら季節感を取り入れてもOK。画像は春向けネイル

ベージュ&パール+チェック柄

参照元: 楽天

ベージュ&パールの上品タッグにチェック柄を入れて、少しだけカジュアルに

カジュアルネイル

参照元: 楽天

カジュアルネイルは、「花嫁と被らない柄」であれば基本的に自由に楽しめる

秋のカジュアルネイル

参照元: 楽天

ベージュ、ボルドー、チョコムース色を合わせた大人ネイル。秋のカジュアルなお式に

6結婚式の服装にメイクも合わせて

結婚式のゲストのメイクについては、特に厳密なルールはありません。
フォーマルな場にふさわしい、上品なメイクをすることを心がければ大丈夫です。

あえてポイントを付け加えるなら、「メイクが崩れない&崩れても汚くないメイク」を心がけてみてはいかがでしょうか。結婚式では化粧直しに行くチャンスが少ないので、ベースメイクをしっかり行って、メイク崩れを防ぐことが大切です。汗や涙で流れにくい「ウォータープルーフ」のコスメを使うとさらに安心ですよ。

下地メイク
参照元: Photo AC

美しいメイクは下地から。
メイク前に軽く顔を洗い、化粧水と乳液で保湿しましょう。

美容液が肌によくなじんだら、日焼け止め→化粧下地→ファンデの順で仕上げていきます。
化粧下地やファンデを塗る時は、鼻すじから耳側に向かってムラなく伸ばすのがポイントです。ファンデは厚塗りをすると崩れやすくなるので、重ね塗りしないようにしましょう。お好みで最後にフェイスパウダーを薄くつければ、ベースは完成です。

アイメイク
参照元: Photo AC

アイメイクでは、パール系のラメを使って華やかに仕上げるのがポイント。定番メイクは、ブラウン・ピンク系のアイシャドウをベースにして、髪色と同じカラーのアイブロウ、アイライン、アイラッシュに仕上げるタイプです。パンダ目を防ぐためにも、アイメイクコスメはウォータープルーフを使うのが基本。思いきり泣いてしまった時に備えて、下まぶたのアイラインは引かないようにしましょう。

リップ
参照元: Photo AC

結婚式のリップは、ピンク系の清楚なカラーがおすすめ。真っ赤なルージュは血を連想させる色であるほか、花嫁よりも目立ってしまう可能性があるためNGです。
口元に華やかさがほしい時は、色を鮮やかにするのではなく、グロス等でつやを出すことをおすすめします。

結婚式のチークは、健康的なピンク・オレンジ系がおすすめ。クールな顔にしたい時は、チークを斜めに。ガーリーな顔にしたい時は、チークを丸くつけてみてください。

7結婚式の服装に靴・ストッキングのマナーってあるの?

結婚式にお呼ばれした時の靴は、「露出の少ないパンプス」が基本です。さらにポイントを付け加えるなら、3センチ以上の細いヒールがついている靴が好ましいでしょう。足元をドレッシーに魅せてくれます。

一方避けたほうがよい靴は、つま先が出るオープントゥや、肌をがっつり露出するミュール、ドレスコードに合わないブーツなどです。ヒールがないものも避けましょう。

ストッキングはヌーディな肌色のものをチョイスします。黒のストッキングは喪服を連想させるため、NGです。ストッキングは伝線しやすいので、予備を持っていくと安心ですよ。

エナメルのパンプス

シャイニーエナメルパンプス

参照元: 楽天

シャイニーなエナメルのパンプス。シンプルなデザインなので、どんなドレスにも合う

ワインレッドのパンプス

ワインレッドパンプス

参照元: 楽天

華やかなワインレッドのパンプス。カジュアルなお式におすすめ

8バッグも結婚式の服装に合わせて!持ち物も簡単に紹介!

結婚式で意外と悩むのが、「どんなカバンを持っていけば良いのか」ということ。もちろんドレスに合わせて、オシャレにしたいところですが、バッグにもマナーは存在します。NGポイントを抑えた上で、自分を彩るアイテムを選択しましょう。

  • ■NGポイント
  • ・サブバッグ(パーティーバッグ)以外を、会場内に持込むことは控えましょう。それ以外は預けるのがマナーです。
  • ・紙袋、ビニール袋、ブランド名が入った袋なども相応しくありません。
  • ・ファー素材やヒョウ柄など動物革の製品も殺生をイメージさせるので避けましょう
  • ・キャラクターやドクロプリントも控えるのがマナーです。

  • ■おすすめポイント
  • ・布製や革製またシルク素材など。光沢があるものは良いでしょう。
  • ・花柄やラメ、スパンコール入りなど明るく華やかなものを取り入れるのもおすすめです。
  • ・ピンクや黄色などパステルカラー。

また、当日の持ち物は以下を参考にすると良いでしょう。予備のストッキングはアクセサリーなど伝線しやすいので必須です。


  • ■持ち物
  • ・ご祝儀
  • ・貴重品・携帯電話
  • ・メイク道具・化粧直し用
  • ・予備のストッキング
  • ・デジタルカメラ
  • ・ハンカチ・ティッシュ

9関係別で気をつける結婚式服装のポイント

上司

新郎新婦の上司として参列する時は、肌の露出の少ない、落ち着いた装いをしましょう。ネイビー~ブラックカラーの膝丈のドレスにシャンパンカラーのボレロをあわせるなど、品のよさと華やかさをほどよく合わせたコーデがおすすめです。肩が出ているドレスを着る場合は、ショールやボレロで肩の肌を隠しましょう。
「ドレスよりスーツ派」という人は、ベーシックカラーのフォーマルスーツがおすすめです。


友人代表(スピーチ)

新郎新婦の友人代表として参列する時は、代表として恥ずかしくない装いをすることが求められます。式の時間帯に応じた服装をふまえたうえで、「白以外の膝丈ドレス」を選ぶとよいでしょう。肩やデコルテが見えるドレスを着る場合は、ボレロ等で肌を隠すのがマナーです。ちなみに、ドレスの上にサテンのジャケットをあわせると、ボレロよりもフォーマルな印象に仕上がります。式の格調にあわせてコーディネートしてみましょう。


家族ぐるみの付き合い(夫婦で出席)

夫婦で結婚式に出席する場合は、服装の格をそろえましょう。たとえば、夫がタキシードを着る場合は、妻はイブニングドレスを着用します。また、夫婦の服や小物の色をお揃いにすると睦まじい印象になりますよ。間違っても、「奥さんはゴージャスなドレスなのに、旦那さんは安物のスーツで……」なんてことにならないようにご注意を。新郎新婦の門出を睦まじく見守る、すてきな夫婦を演出してみてくださいね。

親族

親族として式に参列する場合は、「ゲストをお迎えする側」であることを意識したうえで、新郎新婦との間柄に応じた服を選びましょう。

たとえば新郎新婦の叔母として出席する場合は、ご両親よりも目立たない服(フォーマルスーツや、シックなワンピースドレス)を着用します。

新郎新婦の姉妹として出席する場合は、既婚ならアフタヌーンドレスや黒留め袖を。未婚なら振袖やフォーマルなワンピースなどが一般的です。

≫結婚式服装お呼ばれマナー(親族編)

10結婚式の服装、マタニティの場合、子連れのマナーは?

マタニティの結婚式服装のマナー

マタニティさんでも大切な友人の結婚式であれば、やっぱり参列して祝福したいところ。
そこで参列にあたり気をつけるポイントとマタニティ用の結婚式服装について整理しました。

■参列決定前に気をつけるポイント

・かかりつけの病院が遠くないか。
・臨月間近でないか、妊娠の経過が順調か。式の日程を考えて判断しましょう。

■マタニティの結婚式服装・持ち物で気をつけるポイント

・丈のあがりにくい、裾の広がったドレスを選ぶ
・バストサイズを確認する。お腹周りに比例して胸も大きくなる傾向にあります。
・ハイヒールは履かなくてOK。ローヒールを選びましょう。
・ひざ掛けのようなものやショール、また使い捨てカイロなど冷え対策も万全に。
・母子手帳と健康保険証は必ずサブバッグに入れて持って行きましょう。



子連れの結婚式服装のマナー

子供も一緒にと招待されたり、どうしても預けることができないとき、子連れで参列することもあるでしょう。その場合に気をつけることと、子供の結婚式衣装について整理しました。

■子連れで結婚式に参列する場合に気をつけたいこと

・食事が必要かどうか連絡できているか。乳児の場合は席のみを準備してもらいましょう。
・子供用の椅子の準備、出入り口に近い席にセッティングしてもらいましょう。また、子供が騒いでしまわないように音のしないおもちゃを持参するのもおすすめです。
・授乳室があるか、オムツの交換台があるか、確認しておきましょう。
・席と食事が用意されている場合は、子供の分のご祝儀も忘れずに。¥5,000~1万円の上乗せもしくは、プレゼントギフトを別途、用意しておきましょう。また夫婦の場合は、2人で5もしくは7万円を包むことが多いです。

■子供の結婚式服装のポイント

・女の子の場合は、「フラワーガール」を頼まれるケースがあります。その場合は、花嫁の衣装に合わせて、ドレスを着せてあげましょう。白系のドレスでも良いでしょう。
・男の子の場合は、「リングボーイ」を頼まれるケースがあります。その場合は、子供用のスーツを着せてあげましょう。通常は襟付きのシャツやポロシャツなどが多いです。
・基本的に子供の場合は特にNGルールのようなものはありません。カジュアル過ぎなければ、普段のお出かけ服で問題ないでしょう。

11今更聞けないブライズメイド、天姫って知ってる?

ブライズメイド

ブライズメイドとは、欧米から始まった文化で、花嫁の付添人、立会人として花嫁のサポートする女性達のことを指して言います。主に日本では花嫁と友人ゲストとでお揃いの格好をするという意味で定着してきましたが、本来は、結婚式場探しから、当日の進行、裾直しやブーケを預かるなど役割は非常に多岐に及んでいます。ちなみに似たような役割で男性版もあり「アッシャー(グルームズマン)」と呼ばれています。
ブライズメイドの結婚式の衣装は、日本では、新郎新婦が負担するのが、一般的で、ゲストが一部負担するパターンもあります。依頼は、新郎新婦が招待状を送る前に確認するケースが多く、衣装探しも約3,4ヶ月前から行うことが多いでしょう。衣装は結婚式のテーマに合わせながらも、少し花嫁とゲストで差をつけたり、アイテムで個性を出すことをおすすめします。

ブライズメイド1

参照元: 楽天

花嫁とプライズメイドの差を出しつつ、質感をあわせて統一感を演出

ブライズメイド2

参照元: 楽天

花嫁がミニウエディングドレスなら、プライズメイドもミニ丈に

天姫

近年、ブライズメイドにも変化が現れてきました。それは和のブライズメイド「天姫」の登場です。「天姫」の役割もブライズメイドと同様、花嫁のサポート役ですが、元々日本にも花嫁に近しい女性が介添えをするという風習がありました。それを現代版にアレンジしたのがこの「天姫」になります。
花嫁が纏う「うちかけ」の長い袖には福寿が宿ると言われており、参列した人々に幸せを振る舞う衣装でもありますが、天姫はこの福寿を花束を通じて、各卓へお裾分けする役割も担っております。見た目も華やかで縁起も良い「天姫」に今、注目が集まっています。

天姫イラスト1

白無垢姿の花嫁に合わせて、天姫も白に統一。こんな姫達が一斉に登場したらきっと結婚式も盛り上がりますね。

天姫イラスト2

色打掛けにはあえて逆の色を合わせて。お互いに引き立つ、まさに「ハレの日」にコーディネート。

出典:クチュールメゾン Hisako Takayama

12年代別・シチュエーション別おすすめ結婚式の服装スタイル

20代女性にオススメの結婚式服装お呼ばれスタイル

20代オススメ服装イラスト

20代女性のお呼ばれスタイルの基本は、「会場に華をそえることができ、かつ花嫁より目立たない服装であること」。コーデに迷ったら、袖ありのワンピースドレスをチョイスしましょう。トップス部分を淡いピンク系、スカート部分をブラック系にすると、フォーマル感を出しつつ顔周りが華やかになるのでおすすめです。

アクセサリーはパールのネックレスなど、フォーマルなものを選びましょう。派手なビジューアクセサリはカジュアルっぽくなるのでNGです。


30代女性にオススメの結婚式服装お呼ばれスタイル

30代オススメ服装イラスト

30代女性は、大人の女性らしい華やかさと品格が求められやすい年齢です。お呼ばれスタイルにおいても、結婚式の服装のマナーをおさえた装いをしましょう。

おすすめは、ベージュ系のAラインドレス(膝丈)に、黒のボレロをあわせたコーデです。ベージュ系のドレスは肌色を明るくしてくれる効果があるほか、上品な印象を与えます。個性を出したい人は、ワインレッドやブルーのワンピースドレスをどうぞ。

40代女性にオススメの結婚式服装お呼ばれスタイル

40代オススメ服装イラスト

40代女性は、新郎新婦との関係性や、式の時間帯を踏まえた装いをすることがポイントです。

たとえば、親戚の式なら留袖や上品なアフタヌーンドレスを。友人のナイトウエディングなら、ネイビー~ブラック系のアシンメトリードレスがおすすめです。アシンメトリードレスはスカート丈が均一でないため、足元を華やかに、かつ美しく見せる効果があります。「脚はあまり出したくないけど、ロングドレスは派手すぎてちょっと……」という人にもおすすめですよ。

1,5次会・二次会のおすすめ結婚式の服装

略礼装イラスト

1.5次会や二次会は、「平服でお越しください」と言われることも多いはず。平服とは略礼装のことなので、「上品なワンピース+ハイヒール」か「パンツスーツ+ハイヒール」が基本です。あくまで結婚式の延長であることを念頭において服装を決めましょう。

なお、カジュアルパーティでは、色味の鮮やかなコーデをしても大丈夫です。ミントカラーやイエローなど、明るいカラードレスを楽しむのもアリですよ。

ハワイやグアムなど海外挙式のおすすめ結婚式の服装

ムームーイラスト

海外での結婚式の服装は、基本的には新郎新婦の意向にあわせることをおすすめします。

たとえばハワイでの挙式なら、「ムームーで来てね」と頼まれることがあります。ムームーとは、ハワイにおける女性の正装のこと。男性ならアロハシャツが正装となります。

また、沖縄の結婚式の「かりゆしウェア」のように、日本国内でも地域特有の装いが好まれるケースもあります。

挙式の服装について、事前に新郎新婦に相談しておくと安心です。

13みんな知りたい!結婚式服装に関するあいまいマナー&QA

平服って何?何着てく?
平服とは、あまりかしこまった服装ではない「略礼装」のことです。上品なワンピースにボレロをあわせるなど、おしゃれな装いをしましょう。
黒のドレスはOK?
OKです。ただし、喪服に見えないデザインを選びましょう。光沢のあるドレスにしたり、明るい差し色を使ったりなどして、華やかさを出すことをおすすめします。
冬場の結婚式の服装は?
冬場の結婚式は、冬らしい厚手の装いをするのがポイントです。ベロア生地のドレスなどを選んで、季節感を出しましょう。長袖のボレロを羽織ってみてもいいかもしれませんね。なお、ファーや革など、動物の皮を使ったコーデは四季問わず禁物です。相手から誤解される可能性がある「フェイクファー」も避けましょう。
50代・60代で参列するときは?
50代・60代の装いでは、「マナーと時間帯をふまえた、上品な服装」を心がけます。式場の格を意識したうえで、白以外のフォーマルドレスを着用しましょう。おすすめは「黒」を取り入れたドレススタイルです。落ち着いた印象を与えやすくなります。なお、スカートは膝丈より長いものを。 ストッキングは肌色のものを履きましょう。
体のラインが出るドレス
結婚式のゲストの装いの基本は、「新郎新婦より目立たないこと」と「上品さがあること」です。体のラインを強調したドレスは、人によって解釈が異なりやすいため、格式の高いお式では避けたほうがよいでしょう。体のラインが出るドレスは、食後のウエストの形に気を遣ったり、二次会への移動時に不自由しやすかったりという弱点もあります。結婚式に集中しやすい装いを選んでみてくださいね。