結婚準備ガイド 調査~結婚準備に関する、みんなの声をまとめました~

2014年12月01日 09:47:32 | インターネット調査

結婚後の仕事の変化…退職?在職?【100人結婚調査】

女性もバリバリ社会で活躍している人がいる現代社会、しかし何もかもがそううまくいかないこともあります。人生の中でも大きな転換期のひとつである結婚は、仕事をしていくうえでも変化が生じるきっかけになることもあるのです。そこで「職場で結婚の報告をした後、退職しましたか?」という内容のアンケートを取ってみました。実際みんなは結婚するときどのような選択肢を選んだのでしょうか、またその理由は?

職場で結婚の報告をした後、退職しましたか?※職場で結婚報告を行った人(質問人数100人)

退職し、専業主婦になった:34人
転職した:5人
退職し、派遣やパートタイムで働いた:12人
退職していない:44人
その他:5人

結婚したからってそれが退職する理由にはならないでしょ!

今回「職場で結婚の報告をした後、退職しましたか?」という質問に対してもっとも多かった回答は「退職していない」で44人いました。ではその理由や状況はどのようなものだったのでしょうか?

「職場が産休、育休などの制度がしっかりしているし、時間的拘束も厳しくないので。(33歳/男性/独身)」
「結婚は特に退職の理由にならなかったので、第二子を出産するまではそのまま同じ職場で働いていました。(34歳/女性/既婚)」
「男なので結婚退職はしていません。 妻も妊娠するまでは同じ会社に勤めていました。(42歳/男性/既婚)」
「結婚前と同じ部署で変わらずに働いていますしこれからも働きたいです。(38歳/女性/独身)」

結婚するタイミングで特に退職はしなかったと回答した中には、結婚が退職の理由にならない、また結婚のために退職する必要が無かったという理由がありました。さらに最初から結婚するからと言って退職するつもりはなく仕事を続けるつもりをしていたという人やライフスタイルが変わるわけじゃない、できる限り働きたいと思っていたという人も見受けられました。雇用形態なども特に変わらず同じ部署で働いているというケースも複数見受けられ、現代ではすべてではないのかもしれませんが、結婚したからといって特に職場での対応も変わることが無い環境が整ってきているのでしょう。
ただし結婚時に退職しなかった人の中には、単にそれだけの理由だけではなく、夫の給料だけではやっていけないという理由が多少なりともうかがえる人もいました。また将来子どもを持ったりすることを考えると結婚時に辞めずに働いて貯金したり、働いていると生活費を残せるなど経済的な理由も関連して退職しなかった事情もあるのかもしれません。

専業主婦?それともパート勤務?それぞれの選択理由は…

職場で結婚の報告をした後の選択肢として2番目に多かったのが「退職し、専業主婦になった」で34人と比較的多く、退職していないに迫る数です。そのほかに3番目に多かったのは「退職し、派遣やパートタイムで働いた」が12人、4番目の「転職した」が5人という結果でした。それぞれの道を選んだのには様々な理由や事情があったと考えられます。では実際、退職時にどんな状況があったのでしょう?

「主人の実家が家族で営んでいる自営業なので、退職をしてそちらで働きました。(24歳/女性/独身)」
「結婚後に転居することが決まっていたからです。転居先で転職しました。(40歳/女性/既婚)」

結婚を機に職場を退職して専業主婦になったという人の場合その理由として多かったのが、結婚後に引っ越したり他県など遠くへ嫁いだという事情から、結婚後に住む場所が職場から遠くなるという物理的な問題です。そのため通勤が難しく結婚前の仕事を続けるには無理があったようです。しかし退職した理由としてはそれだけではない事情も見受けられます。中には仕事と主婦業の両立に自信がなかった人もいるようですが、寿退社が基本の会社だったとか結婚イコール退職というのが通例だった会社ということでの退職もあったようですね。最近ではそのような会社も少なくなってきているのかもしれませんが、結婚してそのままの勤務がしにくい職場もあるのかもしれません。
パート勤務や派遣で働いたという場合、ハードな仕事をしていた人では結婚を機に同じ会社でパート勤務に形態を変えてもらったという人がいたり、職場を変えてパートとして働いたというケースもありました。パート勤務にした理由としてはやはり家事との両立を考えてのケースや、ご主人の転勤などに合わせる必要性もあっての選択という人も見受けられました。また結婚後にご主人の転勤などがある場合は、その転居先での転職ということもあるようです。

結婚したら退職するかどうか、二人にとってベストな選択を!

結婚すると新しい二人の生活が始まりますが、それには様々な変化もあるでしょう。仕事上の問題もそのひとつで、一般的には女性の方がご主人の仕事の都合に合わせることが多くなるかもしれません。そのために退職する必要性が出てくるケースもあります。また未だに結婚すれば女性は退職するものという古いの風潮が残っている会社もあるかもしれませんし、自ら家事との両立を考えてそれまで勤めた会社を退職する決心をすることもあるでしょう。しかしそれぞれの夫婦で大切な事は違ってきますから、二人にとってベストの方法を選べれば、それが一番いいことなのかもしれませんね。


■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年10月21日~11月4日
■有効回答数:100サンプル

100人の回答コメントを見る

Q.職場で結婚の報告をした後、退職しましたか?※職場で結婚報告を行った人

Aその他(5人)と答えた人の回答コメント

  • もともと派遣で行っていた職場でしたが、一週間ほど休みをもらって、続けました。 (38歳/女性
  • バカセクハラ社長だったので社長と関係者以外には言って辞めた。お世話になった方からはお祝いを頂きました。 (44歳/女性
  • 私は男なので、報告して主夫になるつもりはなかったので、そのまま職場に残りました。 (40歳/男性
  • 結婚後、ダンナが海外駐在となってしまい自動的に退職せざるを得なくなった。 (36歳/女性
  • 退職し家業をしました。長男(夫)の家に嫁ぎ、相手の両親と暮らすのではじめからそのつもりでした。 (23歳/女性

A転職した(5人)と答えた人の回答コメント

  • 相手の仕事の都合上、引っ越さざるをえず、そこから元の職場に通勤するのは不可能だったので。 (51歳/女性
  • 結婚を機に引っ越しをしなければならず、そこの職場では働けなかったので、そこは退職して転職しました。 (36歳/女性
  • 結婚を機に海外に行く事になっていたので、そこはやめて、海外で働きました。 (42歳/女性
  • 結婚後すぐに夫の転勤が決まっていたため。退職せざる負えませんでした。その後転勤先で就職しました。 (46歳/女性
  • 結婚後に転居することが決まっていたからです。転居先で転職しました。 (40歳/女性

A退職し、専業主婦になった(34人)と答えた人の回答コメント

  • しばらくしてから退職して、専業主婦になった。今後はまた違うパートで働きたい。 (28歳/女性
  • ちょうど職場環境が悪くなってきていた時だったので、結婚を理由に退職すれば角が立たずに済むと思い退職しました。 (38歳/女性
  • もともとアルバイトだったのと、新居が遠くて職場まで1時間半かかるので、退職することにした。 (50歳/女性
  • 主人の仕事の都合上退職しました。(遠方に嫁ぐため仕事を続けることが出来ませんでした。) (26歳/女性
  • 人員が減ると確実に影響が出るし、補充されたスタッフが慣れたころに戻ってきて職場を奪うのはおかしいから。 (44歳/女性
  • 仕事がなかなか不規則で結婚してまで続けられる事は無理と思い、報告し規定の日数働いた後、一ヶ月の支度時間をもって、結婚、専業主婦しました。 (45歳/女性
  • 仕事をしていた時にはゆっくりする時間がなかったので専業主婦になって充実しています。 (38歳/女性
  • 働いていた場所と結婚して住む都道府県が違い、仕事を辞めざるを得なかったので、専業主婦になりました。 (25歳/女性
  • 働きながら主婦をこなすという自信が無かった為、結婚報告後に退職しました。 (32歳/女性
  • 同じ会社にいると、周りがやりづらかったらしく私が退職しました。 (35歳/女性

A退職し、派遣やパートタイムで働いた(12人)と答えた人の回答コメント

  • すぐ退職する予定が引継ぎがうまくいない為、パートとして半年以上働いた。 (31歳/女性
  • もともと勤務時間が厳しく、主人と休みが合わないというのがあったので会社を辞めたく、車も手放したかったので 物理的に通えなくなるという理由で 結婚半年前に結婚と退職希望の報告を会社に行い、挙式一週間前まで勤務しました。 結婚後は車を処分し、自宅近辺でパートタイム勤務をしています (38歳/女性
  • 主人が転勤族で、結婚が決まった時も地方に転勤になってしまったので、辞めざるをえませんでした。 (39歳/女性
  • 主人の実家が家族で営んでいる自営業なので、退職をしてそちらで働きました。 (24歳/女性
  • 同じ会社で、異動や転勤などもあったので、自分が退職して、旦那に合わせれるようにしました。 (29歳/女性
  • 夜遅くまでの残業がハードで、家の事もできてなかったので、結婚を機に、同会社のパートとしての形態へ変更してもらいました。 (34歳/女性
  • 家事と仕事の両立を考えると、正社員ではなくパートタイムで働くことが最善だと思いました。 (46歳/女性
  • 寿退職してから、子供を生んでから1年半育児の方に専念してから安定してきた頃にパートで働く予定だった。 (34歳/男性
  • 相手の転勤が決まって引っ越しする時に籍をいれたので、退職しました。その後は引っ越し先で派遣の仕事をしてました。 (32歳/女性
  • 結婚報告後しばらくは通勤していましたが、新居が会社からかなり遠くなってしまい通勤が難しくなってしまったため、退職し、近所でパートタイマーとして働きました。 (35歳/女性

A退職していない(44人)と答えた人の回答コメント

  • そのままフルタイムの正社員として働き続けたが、金銭的・キャリア的にも継続させたいと考えていたから。 (29歳/女性
  • まだ子供が出来ていないので、このままの環境なら、今までとかわりなく仕事を続けられると考えていたから。 (35歳/女性
  • もう少しお勤めしてお金を稼ぎたかったので、妊娠してから退職しました。 (25歳/女性
  • もともと、結婚を前提にパートタイムで働けるところに転職していましたので、結婚した後は報告のみで、今でも同じ職場でパートタイムで働いています。 (29歳/女性
  • 二人とも同じ職場ではなかったし、家の事情で退職しなければならない理由もなく夫の両親と同居でしたので、退職せずそのまま働きました。職場でも退職を促されることもありませんでしたので、良い環境で仕事を続けることが出来ました。 (55歳/女性
  • 仕事や職場の雰囲気が好きだったし、夫は専業主夫よりも外で働く事を望んでいたので、辞める理由がなかった為。 (31歳/女性
  • 働き続けることが可能だったから。やめる理由はないと思ったから。 (37歳/女性
  • 入社してまだ一年くらいだったので、退職はしませんでした。妊娠後に退職しました。 (25歳/女性
  • 入籍をしても勤務状況には支障がなかったため。また収入的にも二人で働いていたほうが余裕があると二人で決めたから。 (29歳/女性
  • 出産をきっかけに退職をしようと考えていたので、結婚を機には退職はしていません。同会社で別の支社に転勤はさせてもらいました。 (28歳/女性