結婚準備ガイド 調査~結婚準備に関する、みんなの声をまとめました~

2014年11月26日 10:02:38 | インターネット調査

海外挙式にお車代は必要?!渡した人渡さなかった人!【100人結婚調査】

お車代はお世話になった方や遠方からのゲストにお渡しするものです。
また加えて海外での挙式では全員が等しく遠方からのゲストとなりますよね。そのために海外挙式でのお車代はどうすればいいのだろうかと悩むこともあるのではないでしょうか。
そこで今回のアンケートでは海外挙式を行った人にお車代についてを伺ってみました!

海外挙式ではお車代をお渡ししましたか?※海外挙式を行ったことがある人

お渡しした:44人
お渡ししていない:56人

お車代は渡さないけどそのかわりに…?

今回のアンケートでは若干お渡ししていないという回答が上回る結果となりました。海外挙式のために身内のみで行ったために渡していないという人や、お車代がない代わりにご祝儀はいらない、またそれ以外の宿泊費などの負担のように他の部分での負担という人など様々です。

・家族しか海外挙式には呼んでおらず、ご祝儀を頂かない代わりに実費にて渡航してもらいました。(39歳/女性/既婚)
・同僚が二人来てくれましたが、場所がオーストラリアの島だった為、そこまでの金額は出せませんでした。二人共、出してくれるとも思ってなかった様で、好意だけで来てくれた様です。(38歳/女性/既婚)
・ハワイ挙式をしました。親族と、数人の友人を招待しました。お車代は渡さず、ハワイでの滞在費、食費は全て持ちました。(37歳/女性/既婚)
・家族&友だちのみの少人数だけの挙式だったので、食事に招待して現金は渡してません。(37歳/女性/既婚)

特に多かったのが「食事代負担」「ご祝儀はいらない」「宿泊費の負担」といった部分でした。また飛行機代は高額になるために事前に交通費の負担はしない代わりに宿泊費や食事代は負担する、またはご祝儀はいらないという旨を伝えたうえでの出席確認というものもあるようですね。
特に高額になるのが海外挙式のため、現金を渡すのではなくあくまでも別の部分を負担するということでお車代の代わりにとする人も多いようです。
また身内だけで行う、友人は数人のみというように小規模のことも多いため負担額が大きくても来られる人は…というような部分もあるのかもしれません。また中には旅行として行事の中に結婚式を含めることで旅行を兼ねることでお車代は無しにするという了解を取っていたという人もおり、代わりの負担をするということもなかったという回答もありました。
負担をしなくても事前に了解を取っていたという人もいたため、事前確認もなく完全にすべてを実費で来てもらったという人は実際には少ないようですね。

わざわざ来てもらっているのだから必要?

続いてお車代を渡したという結果です、こちらは全額でなく半額でも良いか確認をしたという回答から交通費や宿泊費まですべて負担したという人まで様々です。

・全額ではなく、半額だけお渡しさせていただいた。それでもきてくれるという方だけ招待した。(35歳/女性/既婚)
・わざわざ足を運んで下さった方々への感謝の意も込めてお渡ししました。(27歳/男性/既婚)
・往復の飛行機チケットと自宅から日本国内の空港までのタクシー代として渡しました。(44歳/男性/既婚)
・全額ではありませんが、都合をつけて頂いたことと、ご足労いただいたことに関して感謝の意をこめたかったため、一部をお渡ししました。(40歳/女性/既婚)
・国内でも遠方から来てくださった方にはお渡しするのですから、海外こそ渡すべきだと思いました。(27歳/女性/独身)

わざわざ遠くから来てくれたということもあり、一部や半額、全額とばらつきはありますがお車代をお渡しした、むしろするべきであるという結果でした。
こちらはご祝儀も貰うためにその分も踏まえて渡すという人や、お車代は国内でも渡すものなのだから海外で渡さないのはおかしいという人までいました。
中には一部の人にのみの負担として、友人、もしくは両親は実費で来てもらうという人もおり、全員に渡すか渡さないかについてもわかれる結果となっています。負担をするにも高額になるため、身内のみや一部の友人といったように多少小規模になることもあるようですね。
また、半額のように一部のみの負担といったように一部を負担する場合では事前にそれでも来てくれるかどうか確認を取るという人も多くいました。全額は負担出来ないもののそれでも来てくれるかどうかという確認をしたうえでの出席確認というようですね。
また負担が大きいためにお車代を支払ってでもぜひ参加してほしい人を呼んだという人はホテル代や交通費の負担もすべてしたということもあるようです。とくに少人数の参加者ということであれば全額の負担も多く、友人や親戚も呼ぶという小規模ながらも多少人数が多い規模では一部の負担ということもあるかもしれません。

負担の有無や程度について事前に確認しておいた方が良い!

実際にお車代を渡していないという人でもホテル代や食事代を負担することやご祝儀はいらないといったように事前に確認をして、交通費・渡航費用は実費になるもののそれでも出席してくれるかどうかという確認をしているということもあるようです。
逆にお渡ししたという人ではご祝儀はもらうことでその負担も補うということもあるようですね。旅行なども踏まえることで多少負担してもらうという方法もあるかもしれません。どちらにしろ、どの程度の負担になるのか、またはご祝儀の有無についても事前に確認することも踏まえて招待状に記入しておくというのも良いかもしれませんね。


■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年10月21日~11月4日
■有効回答数:100サンプル

100人の回答コメントを見る

Q.花嫁の手紙を読みましたか?※結婚式を行ったことがある人

A読んだ(67人)と答えた人の回答コメント

  • けじめとして、親にきちんとお礼を言い、挨拶をしておきたいと思ったので、素直な気持ちをウエットにならない程度に言葉にして読みました。 (47歳/女性
  • これはどんな結婚式でもあるプログラムじゃないでしょうか?少なくとも行った事がある結婚式にすべてありました。 (36歳/男性
  • これまで育ててくださったお礼とこれからお世話になるご両親に書きました。 (38歳/女性
  • これまで育ててもらった両親への感謝と、これから一緒に暮らす義理の両親へよろしくお願いしますという意味もこめて手紙を読みました。 (33歳/女性
  • はじめは読む気はなかったが、周りに読むべきだと言われたので読みました。 (29歳/女性
  • やっぱり入れておいた方がいいだろうと言われたので、恥ずかしかったですけどやりました (29歳/女性
  • やはり気持ちを筆にして伝えることは大切だと思い、素直な感謝の気持ちを書きました。 (37歳/女性
  • わざとらしいような気がして本当は不要だと思っていたのですが、プランナーさんに「ここは式のクライマックスですから」と強く勧められ読みました。手紙を書くのに本当に苦労しました。 (48歳/女性
  • コーディネーターの方に読むのが嫌で断りましたが、熱心に進められ読むことになりました。 (44歳/女性
  • 一人一人に書いてくれた手紙なので、しっかりと読みたかったから。 (24歳/女性

A読んでいない(33人)と答えた人の回答コメント

  • 「○○からの手紙」というのはとってもイヤなので、最初から問題外です。 (41歳/女性
  • 「花嫁の手紙」なるものは特になかったです。よって、読んでいません。 (43歳/男性
  • あんまり感動的なのとかが嫌だったので、ありがとうと一言だけ伝えました。 (29歳/女性
  • お手紙は書きましたが読んでいません。湿った雰囲気になる事があまり好きではないので読まずに渡しました。 (44歳/女性
  • このイベントがなぜ存在するのかわからない。自宅でやってほしいと思っているので。 (44歳/女性
  • ずっと明るい雰囲気のなかで、笑顔のまま最初から最後まで過ごしたかったので、手紙はさけました。 (35歳/女性
  • とても悩みましたが、義両親があまりそういった行為が好きではない方なので、式中に読みませんでした。前日に書いた手紙を、結婚式後に直接渡しました。 (24歳/女性
  • みんなの前でわざわざ…というのも嫌だったし、そう思いながらも泣いてしまいそうな自分が嫌だったから。 (44歳/女性
  • やりたかったのですが、泣くような演出は絶対にやめてくれと両親に止められました。 (27歳/女性
  • よくある定番の手紙を読むということはしていません。母親よりそういう辛気臭いのはいらないからと言われました。お色直し中に流したプロフィールビデオの最後に、メッセージを入れました。 (28歳/女性

関連する記事

結婚式の参列者へのお車代は、お一人にいくら包みましたか?【100人結婚調査】結婚式を挙げるとなると参列者を招待することが多くあるものですよね。 近親者だけで行う場合もあれば、大々的に友人知人を招待するような結婚式もあります。そこで悩みの種になるのが、参列者への「お車代」です。遠方の方や近場の方、友人や主賓などと色々な方を招待する場合は、「お車代」をどれだけ用意すれば良いのでしょうか? そこで、結婚式のお車代についてアンケートで調査してみました。

お車代はいつ渡しましたか?渡し方を教えてください【100人結婚調査】花嫁にとっては人生の中でも主役になれる一時…そして結婚する二人にとっても人生最良の日という結婚式ですが、その裏では出席してくださった方々への気遣いや配慮も必要です。その対応によって周囲の人に与える印象や評価も大きく違ってくることもあり得ます。結婚式の中を執り行う中でも気になることのひとつ「お車代」についての常識はどのようなものでしょうか、またどのタイミングのお渡しするのがベストなのでしょうか?そこで「お車代はいつ渡しましたか?渡し方を教えてください。」という内容でアンケートをとってみました。みんなはいつどのようにしてお車代を渡したのか見てみましょう。

お車代を包む時、お札の向きに注意していれましたか?【100人結婚調査】結婚式等の儀式では、気を遣わなければならない事が沢山あります。 特に礼儀に関しては、今後の人間関係の事も考えて失敗はしてはいけないと思う方も多いでしょう。それは細部まで考えなければならない物ですよね。 例えば、お世話になった方や遠方から来てくださった方へ、交通費として渡すお車代という慣習がありますよね。 お車代はしっかりと用意したのだけれども、包む時にお札の向きについて気にされたでしょうか。 このマナーについてどれだけの人が気を付けたのかは、気になってしまいますよね。お車代を包む時にお札の向きは意識したのかどうか、アンケートを取ってみました。

お車代は封筒に糊付けして渡しましたか?【100人結婚調査】結婚式でお越しいただいたゲストの方に気を配ることはたくさんあります。その中でもお金のやり取りは格別の気を使うと言えるでしょう。時代の流れと共に、媒酌人を立てて行うことは減りましたが、それでも新郎新婦の主賓、スピーチを依頼した友人、遠方から来ていただいた親戚など、色々なゲストに謝礼金としてご用意する「お車代」は、今なお多く用いられます。 祝辞のお礼、交通費、色々な用途でのお礼に幅広く使えるので用意がしやすいですが、ただお金を渡すだけではありません。 今回は小さな心配りの1つとして、お車代の封筒に糊付けをするかどうかを聞いてみました。

主賓の方に結婚式のお車代はいくら包みましたか?【100人結婚調査】結婚式を行う際には、友人知人や親族といった身内で近しい人たちだけではなく、何らかの目上の人や恩師といったように主賓を招くこともよくあります。主賓として招待する関係上、ご足労願った謝礼として車代を包むという事が一般的です。 金額はまちまちですがどのくらいにするか参考材料は持つべきです。そこでこのようなアンケートをしました。