花嫁Magazine シアワセをまとう花嫁のための、とびきり旬なWebマガジン

知らないと恥ずかしい!?結婚挨拶・顔合わせ食事会・結納のダンドリ&マナー

  • 結婚挨拶
  • 両家顔合わせ食事会
  • 結納

Step1 結納って何?

結納とは、結んで納めるという字のとおり、両家が親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということです。

結納をすませたら「結婚をします」という約束を公に交わしたことになります。地域によってやり方に違いがあるので、両家の間で確認しましょう。一般的には、結婚式の3~6ヶ月前に行うのが一般的です。

六輝(六曜)の中で大安や友引といった日の午前中に行うのがベストです。

ココが大事!地域や家のしきたりは早めの確認を

婚約から結婚式までの準備期間には、両家で確認しなければならないことが色々とあります。特に地域性や家のしきたりなど、分からない事は相手任せにせずに積極的に調べましょう。

Step2 結納のスタイルを知ろう

結納には「正式結納」と「略式結納」の2つのスタイルがあります。

正式結納は、仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届けるスタイルで、最近はこのスタイルで結納を行うカップルは減っているものの、地域や家のしきたりで行う場合もあります。

略式結納は、両家がどちらかの家やホテル、料亭などに、一堂会して結納を交わすスタイルで、結納品(目録)の数も減らしライトなスタイルで行います。

最近は仲人なし、記念品として婚約指輪を贈る「略式結納」が主流。

CHECK!関東式と関西式

結納は関東式、関西式と地域でもスタイルが異なります。結納品の飾り方や結納返しの有無なども地域によって異なってきますので、結納を行う場合は正式・略式だけでなく、どちらのスタイルで行うのかの確認も必要です。

Step3 結納の流れをチェックしよう

仲人なし、略式で結納をする場合

  1. 男性の父親があいさつする。
  2. 男性側が結納品を差し出す。
  3. 女性は一礼して目録に目を通し、礼を述べる。
  4. 女性側が受書を渡す。女性が受書を持って、男性本人の前に運ぶ。
  5. 女性側が結納品を差し出す。
  6. 男性が目録に目を通す。父親、母親に回し、礼を述べる。
  7. 男性側が受書を渡す。男性が受書を持って、女性本人の前に運ぶ。
  8. 男性の父親があいさつする。

※結納の全体的な進行は、男性の父親が進めることになります。

CHECK!服装も両家で揃えて

結納当日を迎える前に、服装についても両家で合わせておきましょう。正装(正礼装)にするのか、準正装(略礼装)にするのかの確認は必ず必要です。

結納を交わす本人たちと、両親の服装のバランスもまた考慮しなければならないので、注意を。

Step4 結納に必要なものをチェックしよう

結納に必要な9品目

  • 目録(もくろく)…結納品の品名と数量を記載
  • 長熨斗(ながのし)…のしアワビ。長寿をイメージ
  • 金包包(きんぽうづつみ)…結納金をいれる
  • 勝男武士(かつおぶし)…鰹節。男性の力強さをイメージ
  • 寿留女(するめ)…スルメ。末永く幸せを願って
  • 子生婦(こんぶ)…昆布。子孫繁栄を表す
  • 友白髪(ともしらが)…白い麻糸。白髪になるまで夫婦仲良く
  • 末広(すえひろ)…白い扇。末広がりの繁栄を願って
  • 家内喜多留(やなぎだる)…酒樽。家庭円満をイメージ

※9品、7品、5品など、2つに割れない奇数の品数で用意します。
※結納品はデパートや、インターネットでも1.5~10万円くらいで購入できます。

また、「このお金で結婚の支度をしてください」という意味で、男性から女性へ結納金が贈られます。50~100万円というキリの良い現金を包みます。女性は結納金の半額を「結納返し」をします。金額や形式は地域によってさまざまなので、両家でよく相談したほうがベターです。

POINT!結納パックを利用

パックを利用すると、予算や好みに応じて場所や料理が選べたり、費用が折半or頭割りできるなどといったメリットがあります。忙しいカップルにとって手間がかからないから利用してみては…

<参考>
室料:2~3万円/食事代:1~2万円(1人)/記念写真代:1.5~2万円/結納パック料8~20万円/係の人への心づけ5000~1万円

こんな時はどうすればいいの?Q&A

彼の両親から結納金のお返しは要らないと言われたけどそのまま受けてOK?
新婦のほうが衣装代などかさみますので、そのまま素直に受けても良いでしょう。ただ後に、結婚式・披露宴の費用を女性側の家が少し多めに出すなど、別の機会にお返しするのがお薦めです。また、さらに記念品を渡すというのも誠実な印象を与えます。
婚約記念品(エンゲージリング)の最近の金額は?
以前は、エンゲージリングは給料の3ヶ月分を目安に購入する方が多かったようですが、最近では30万円~40万円の指輪を贈るのが平均的。他の品を含めても50万円以内で購入するのが一般的なようです。
結納で婚約指輪のかわりに時計を贈ってもいいの?
最近では、指輪より時計の方が実用的だからと婚約記念品に選ばれる方もいるようです。でも、正式な結納の場で贈るのであれば、時計ではなく婚約指輪の方が良いでしょう。どうしてもというのであれば両親にも相談し了解を得ましょう。

企画・構成 千葉伸子 / 取材・文 伊東りり子

このコンテンツに関連するおすすめ記事

  • 顔合わせの服装コーディネート【男性編・女性編】結納

    顔合わせの服装コーディネート【男性編・女性編】

    結婚が決まったら、まず行われるのが両家の顔合わせ。結納の時に顔合わせを行うケースと、結納や仲人は立てずに食事会・婚約式など、略式で顔合わせを行うケースがあります。また、結納を行わない場合であっても食事会は両家が顔を合わせる大切な会。服装にもマナーがあります。顔合わせの席に相応しい服装とはどのようなものか詳しく見ていきましょう。続きを読む

  • 結納って何するもの?結納形式まるわかりガイド結納

    結納って何するもの?結納形式まるわかりガイド

    結婚が決まって両親への報告が済むと、話題にのぼるのが「結納」ですよね。初めてのことだから右も左も分からない!というのが当たり前。結婚式前の大切な儀式の1つですから、結納についてしっかり理解して、自分たちに最適の形を選べるように準備しておきましょう。今回は、結納についての基礎知識から、実際の結納の形式まで、まとめてご紹介します。続きを読む

  • 結納にかかる費用の相場って?結納

    結納にかかる費用の相場って?

    正式な結納は、仲人が両家を仲介しますが、最近では、結納を行う場合は、仲人を立てずに執り行う略式結納が一般的です。略式結納では、両家が一堂に会して結納式を行った後、会食をします。結納を行わず、会食だけで済ませるケースもありますが、略式結納を行った場合に、結納品や結納金、会食費用などの必要な費用をご紹介します。続きを読む

  • 彼の実家を初めて訪問する時の手土産マナー!結納

    彼の実家を初めて訪問する時の手土産マナー!

    初めて彼氏の実家を訪問する時は、手土産を持参しますよね。 一体どのようなタイミングでなんと言って渡せばいいの? 手土産を渡す時にはどんなマナーがあるの? ここでは、手土産を渡す時のマナーをご紹介しますので、初めて彼氏の実家を訪問する時の参考にしてください。続きを読む

  • 【年の差婚のトラブル】親の反対にあったらどうする?結納

    【年の差婚のトラブル】親の反対にあったらどうする?

    誰もが思い描く理想の結婚生活は、幸せなものです。二人が幸せな結婚生活をおくるためには両親の賛成が最も重要です。しかし、2人の間に年の差がある場合には、両親に反対されてしまうケースも多くあるようです。年の差結婚で親の反対にあった時には、どう対処していけばよいのでしょう。両親側の意見とその対処法を紹介しますので、焦ることなく説得するようにしましょう。続きを読む

【PR】

  • 先輩カップル式場探し体験談
【PR】